1223
天皇陛下は1日、皇居・御所で、サウジアラビアのムハンマド副皇太子と面会された。  ムハンマド氏はサウジのサルマン国王の三男で、国防相や王宮府長官なども兼務している。以下略(読売新聞)
海外の反応をまとめました。



・部屋の中で最も重要な存在は人だと示している様子がいいね。


・↑物事を決めるのにピッタリの部屋だよね。


・だから日本が好きなんだよ。
他に誰もこれほど上品にしようとしないだろう。


・過剰な植物と視覚的に邪魔な通訳のせいで10点満点中0点だ。


・↑伝統的なフラワーアレンジメントを使わなかったことに驚いたよ。
日本の生け花は、とてもミニマリズム的なスタイルだ。
121


・↑外交のことを知っているから、おそらくホストよりもゲストに考慮したのだろう。


・君主の威厳となると、少ないことが豊かなことなんだ。
あの模様のカーペットを気に入ったよ。


・↑どうやらバッキンガム宮殿に行ったことがないようだな。


・↑もしかしたら、彼らは威厳が少ない方が良いと思ったのかも。





・ミニマリズムと空っぽには違いがあるのだが...。


・障子がすごく良い。


・美しい部屋だ。
高い天井に、拡散した照明。
あのカーペットで響きも良いに違いない。


・↑唯一の問題がカーペットだ。
汚いブーツを履いた愚かな人間一人で台無しになる。


・↑天皇陛下とサウジアラビア皇太子が会談を行っている部屋に誰でも入れると思っているのか?


・この部屋の場合、歩いた時の音を防ぐためにカーペットがある。


・音響システムをセットアップして、あの部屋で昼寝したい。


・一方、サウジアラビアでは。
234


・↑私の意見では、カーペット以外は問題ないと思う。

http://goo.gl/okYkjl,http://goo.gl/kaqquH
「持たない暮らし」ミニマリストを代表する日本人男性(海外の反応)

follow us in feedly