13
水子とは、流産や死産、人工妊娠中絶などによって、この世に生まれてくることのできなかった胎児のことを指します。 かつては乳児・幼児期に死亡した子供全般を指す言葉でしたが、戦後に今のような意味へと変化しました。 そして、この世に産まれることができなかった胎児を供養するために行うのが「水子供養」です。以下略(こそだてハック)
海外の反応をまとめました。



・美しいね。
生まれて来れなかった子供たちを慰霊する為のものがあるべきだ。


・地蔵について聞いたことがある?
興味深い習慣だね。


・こういった死に対する認識が西洋文化には欠けている。


・私たちにも水子地蔵が1体必要かもしれない。


・いいね。私にも水子地蔵が必要だ。


・水子供養のアイデアを気に入った。


・なんて美しい考えなんだ。


・失ったことへの素晴らしい対処法だ。


・日本の文化は、我々の文化とは真逆だね。





・日本には、水子の為の葬式もある。


・赤ちゃんを失ったことに関して、正しい悲しみ方など存在しない。


・90年代前半に、私が30代後半の時に2回流産した。
支援もなかったし、はけ口もなかった。
時が過ぎ、私たちは日本に行った。
41歳の時に子を身籠った。
驚いたことに45歳の時に2人目を妊娠した。


・時間だけが傷を癒してくれる。


・水子供養の儀式について知らなかった。
アメリカにもこういうものがあったらいいな。


・私が流産から立ち直るのに、ほぼ10年要した。
私も水子供養について知っていたらなぁ。


・我々にはこういう伝統が必要だ。
流産は、よくあることだ。
でも、ほとんど議論されない。

https://goo.gl/QJrzCw,https://goo.gl/u13eB7

follow us in feedly