no title
朝日新聞出版が発行する週刊誌AERA(2017年1月16日号)が、「神さま仏さまはどこにいる」という特集を組んでいる。 今、宗教に対する日本人の意識が変化してきているとして、現代人の様々な不安や迷いへの宗教の関わり方に始まり、伊勢神宮へのバスツアー、政治と宗教の関わり、新宗教などについて紹介している。 1990年代のオウム事件以降、宗教を遠ざけてきた日本人の意識が、徐々に変化してきた、という目の付け所はさすがだ。ただ、気になるのは、この特集の根底に「宗教が必要なのは人間がそれを求めているから」という考えが流れているらしいこと。言葉を変えれば、人間が中心にあり、人間が求めなければ宗教はなくてもいい、という考えだ。 特に後半の「日本人に宗教は必要か」というオピニオン欄では、この傾向が強い。見出しには、「地獄の中に生きる自覚、そこに宗教が生まれる」「老後が変えた死の意味、宗教は無意味になった」といった、宗教に対してネガティブなものが並ぶ。 作家の五木寛之氏は、「宗教は、闇の中にいるという不安と恐怖と恐れがなければ必要とされないのかもしれない」とし、宗教学者の島田裕巳氏は、現代日本人にとって宗教との付き合い方は個人的なものになったため、お寺や神社に継続的に行って祈ることはなくなり、「宗教は(パワースポットや文化的価値を学ぶための)ただの『スポット』であり、それ以上の意味はないのです」と述べている。以下略(ザ・リバティweb)
海外の反応をまとめました。



・宗教が立ち入る余地はない。


・宗教は文化と魂にとって重要だ。


・どの国も文化遺産を保存するべきだ。
宗教もね。


・↑文化と宗教は、常に進化する。
何でも保存するなんて役に立たないよ。


・日本の文化は滅ぶ運命にある。
保存するのは不可能だ。


・いつか本物の神社を訪れてみたい。
敬意を払っている。


・神社は素晴らしい。
問題を起こす神道過激派は見たことがない。


・神道は宗教ではない。あれは哲学だ。


・日本を信心深くない国と見なしたことはない。
他の国よりも宗教に対してずっと寛容だと思う。


・宗教が重要なのではない。
重要なのは伝統だ。
神道の神を信じる日本人をたくさん見つけることは出来ない。





・日本はある意味信心深い社会だよ。
特定の教会や学校に属しているわけではないけどね。


・必要だとか必要ではないと言う我々は何者なんだ?


・宗教=ビジネス。


・生きる目的を知りたいならば、彼らにはキリスト教が必要だ。


・信心深くない国は、犯罪率が低い傾向にある。


・日本について最高な点は、人々が信心深くないことだよ。


・私が見た限り、誰には宗教は必要ない。
害の方が多い。


・私は日本で生活していたが、仏教と神道は彼らの文化と生活の一部になっていることを学んだ。


・日本には自分たちのスタイルがある。
ほうっておいてやれ。

https://goo.gl/QpKCMO,https://goo.gl/H2yUr8
今後25年間で日本の寺が3分の1無くなるらしい(海外の反応)

日本の僧侶が9日間の断食・不眠の荒行を達成(海外の反応)

follow us in feedly