1
『キングコング: 髑髏島の巨神』[2](キングコング どくろとうのきょしん、原題:Kong: Skull Island)は、ジョーダン・ボート=ロバーツ(英語版)監督による2017年公開予定のアメリカ合衆国の怪獣映画である。 『キングコング』フランチャイズのリブートであり、レジェンダリーが構想しているモンスターバースシリーズの2作目となる。出演はトム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ブリー・ラーソン、ジェイソン・ミッチェル(英語版)、コーリー・ホーキンズ(英語版)、トビー・ケベル、トム・ウィルキンソン、トーマス・マン、テリー・ノタリー(英語版)、ジョン・グッドマン、ジョン・C・ライリーらである。主要撮影は2015年10月19日よりハワイなどで行われた。公開日は2017年3月10日を予定している。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



画像
11

ミュージシャンのMIYAVIが、3月25日に日本公開を迎える映画『キングコング:髑髏島の巨神』に出演していることが明らかになった。MIYAVIは『不屈の男 アンブロークン』に続き、ハリウッド映画2作目の出演となる。
 映画『キングコング:髑髏島の巨神』は、『GODZILLA ゴジラ』の制作チームが贈るアドベンチャー・アトラクション超大作。未知の生物を求め、謎の島・髑髏島に調査に向かった遠征隊リーダーのコンラッド(トム・ヒドルストン)や、戦争写真家ウィバー(ブリー・ラーソン)が、島を支配するキングコングから逃げるために繰り広げるサバイバルを描く。(クランクイン!)

・カッコいいポスターだな。


・↑アメリカ版よりもずっといい。


・↑あれもすごく良かったけど、これほどクレイジーで素晴らしくないな。


・このアートスタイルを気に入った。


・このポスターのスタイルはワイルドだね。
どうして我々にはこういう映画のポスターがないのだろう?


・↑フォトショップで誰かに1時間で作らせた方が安上がりだからだろ。


・このポスターをどこで買えるか分かる人いる?


・これは訪問するのに面白そうな場所だな。


・映画に出てくるすべてのモンスターが描かれていないことを祈る。
これはクールだけど、驚きが欲しいからね。





・ポスターはこうあるべきなんだよ。よくやった。


・↑日本人は概してアメリカ映画の素晴らしいポスターを作る。
過去のマーヴェルのポスターを見てみろ。
特にアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンのポスター。
アベンジャーズ2の日本版ポスターに賛否両論(海外の反応)


・ポスター上部にある文字「この島で人類は最弱」


・この怪物たちからは、ダークソウルっぽい雰囲気を感じる。


・待ってくれ。巨大なタコがこの作品に出ていたの?


・なんだかメガドライブのゲームのパッケージみたいだ。


・額縁に入れて飾りたい。
素晴らしい80年代のアートスタイルだ。


・もしポスターだけでこの映画を評価するとしたら、10点中10点だ。

https://goo.gl/Kr2DbJ,https://goo.gl/gJZCr6
米ラブコメの日本版ポスターがどれもカワイイ(海外の反応)

日本とアメリカの映画ポスターの比較(海外の反応)

follow us in feedly