9
第2次世界大戦中の日系米国人強制収容を描いたミュージカル「Allegiance」(原題)が再び映画館で上映されることになった。トランプ大統領の入国制限令で米国内の世論が分かれる中、本作品への関心が高まっているようだ。ジョージ・タケイとレア・サロンガ主演で日系米国人の強制収容を描いた本作品は、米大統領選挙翌月の昨年12月に単日上映され、映画館で上映されたミュージカル作品として過去最高の興行収入を記録した。次回は2月19日に全米の映画館500カ所で単日上映される。この日は、旧日本軍の真珠湾攻撃を受けて、ルーズベルト大統領(当時)が日系米国人12万人以上の強制収容を認める大統領令を発令してから75年にあたる。以下略(ロイター)
海外の反応をまとめました。




・完璧なタイミングだね。


・トランプの大統領就任によって、今まで以上にこのミュージカルが重要になった。


・何が起きたのか理解するために良いタイミングだ。
我々が抵抗しない限り、再び同じことが起きる。


・トランプは、かなり恐れている。


・フランクリン・ルーズベルトは、民主党員だったことを忘れるな。


・トランプ支持者たちにこれを見て欲しいね。
私も見に行くよ。


・ふーん。真珠湾を攻撃したのって誰かもう一度聞いてもいい?


・ミスタータケイに力を。
あなたはヘイトをまき散らす連中とトランプ支持者たちと戦い続ける。


・アメリカ人が、人種差別の被害者たちにどうやって敬意を表するか見てみよう。





・両親は日系人を守るためだと言っていた。
収容されなければ、彼らは人々に命を奪われていただろう。
特に真珠湾攻撃の後だとね。


・ブロードウェイで見たよ。
予約しておいた。
もう一度見るのが待ち遠しい。


・ミスタータケイ、オーストラリアで上映されることはある?


・待ちきれない。チケットを買ったばかりだ。


・憎しみというのは、誰でも理解できるものではない。


・私は見ることが出来なかったから、再び上演してくれて興奮している。


・私はチケットを持っていたけど、病気で見に行くことが出来なかった。
今度は見に行こうと思う。



・可能なら、見に行くといいぞ。
素晴らしい公演だ。

https://goo.gl/ttWsSA,https://goo.gl/XYt4tp
米紙「トランプは日系人収容所を訪問するべき」(海外の反応)

帰還兵の横を通る強制収容所から解放された日系人たち(海外の反応)

follow us in feedly