no title
リトルボーイ(英語: Little Boy)とは、第二次世界大戦においてアメリカ軍が広島市に投下した原子爆弾(ガンバレル型[1]ウラニウム活性実弾 L11)のコードネームである。いわゆる「広島原爆」「広島型原爆」である。 これは、人類史上初めて実戦で使用された核兵器である[2]。原子力災害(核実験、原発事故など)や自然災害(地震、台風、隕石衝突など)の規模を表記する際に、このリトルボーイを基準に「広島原爆n個分」と換算されることもある。ウィキペディア
海外の反応をまとめました。



米国および人類初の核爆弾稼働実験である「トリニティ実験」において使用された爆弾(ガジェット)もインプロージョン型である。では理論構造が単純であるとはいえ、取り扱いや安全性に疑問があり、実験実績のないガンバレル型を、なぜ投下第一号としたのか等の不明点が残るが、これもまた機密扱いであり明らかになっていない。リトルボーイ使用の3日後に長崎に投下されたファットマンは、トリニティ実験と同様の「プルトニウムを使用したインプロージョン型」である。ウィキペディア

・それで上手くいったのか?


・↑5分のアニメを見るだけで、その答えを得られる。


・科学者たちは、最初の実地試験を広島で行ったわけだ。


・日本に落とした爆弾で、上手くいかなかったものなんてあったのだろうか?

・もちろんテストはしなかった。
爆弾は、2回爆発しないからな。
テストで爆発させるなんて馬鹿げている。


・彼らは数十の原爆を日本に落とすつもりだったんだよな。



・2つの原爆を生き延びた男がいたんじゃなかったか?
広島と長崎と両方で被爆した人たちがいたって知ってた?(海外の反応)






・明確にするために言っておく。
リトルボーイとファットマンは、全く異なる設計だ。
リトルボーイは、ウランを用いるガンバレル型だ。
ファットマンは、プルトニウムを用いるインプロージョン型だ。


・↑どちらが優れているの?


・↑リトルボーイは、64kgのウランが搭載されていた。
核出力は、15ktだった。
ファットマンは、14kgのプルトニウムを搭載していた。
核出力は、21ktだった。
リトルボーイは、かなり非効率だった。


・↑じゃあ、どうして2つの「ファットメン」にしなかったの?


・↑おそらく、もう一方を試したかったのだろう。


・リトルボーイは、上手く行くことが保証されていた。
材料の面では、コストがかかる。
最初の原爆としては素晴らしいが、2発目以降としては素晴らしくなかった。


・リトルボーイは、とても単純だったからね。
原始人でも作れただろう。
豊富なウランさえあれば、ガレージでも作れるよ。


・ウラン235を兵器級にするくらい純粋な物にするのは難しいぞ。


・↑面白い事実:リトルボーイに使われたウランは、80%濃縮だった。
兵器級のウランではなかった。

https://goo.gl/DRt6nH
日本に投下された原爆の製造・運搬の様子を捉えた未公開写真が初公開(海外の反応)

広島に原爆を投下した直後に撮影されたエノラゲイ搭乗員の集合写真(海外の反応)

follow us in feedly