no title
中国の王毅(ワンイー)外相は8日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の記者会見で、今年は日中国交正常化45周年と同時に、日中戦争突入の契機となった盧溝橋事件80年にも当たると指摘し、「日本には歴史の逆行をたくらむ者もいる。我々は日本と関係改善したいが、日本はまず自らの心の病を治す必要がある」と主張。歴史認識などをめぐり関係改善の条件が整っていないとの認識を示した。以下略(朝日新聞)
海外の反応をまとめました。



・ああ...鍼では治せないことは確かだな。


・中国はいつでも日本に歴史の授業を教える準備ができている。


・日本がいじめっ子に屈服するべきだと?


・中国こそ、日本に対する心の病を治すべきだな。
毎週のように第二次大戦中の話を持ち出して、日本が侵略してくるかのように世界を脅かしている。


・中国って平和だよなぁ?
中国は時間稼ぎをしたいのか?
この地域での紛争は差し迫っているからね。


・中国こそ、イジメが上手くいないことをもうすぐ学ぶだろう。


・中国外相の王毅は、日本人の性格を知っているはずだ。
彼は前駐日大使だからね。


・この男が愚かなのは明らかだろ。





・もし日本を落ち着かせたいのなら、公海からミサイル台を撤去しろよ。


・心配するなよ、王。
君たちの経済は、世界をリードしている。
遅かれ早かれ、日本は君たちに媚びるようになるだろう。
この数十年間、アメリカに媚びているようにね。


・日本は中国が繁栄することを別に心配していないと思う。


・お世辞や謙虚な振りをしても意味はないぞ、中国。
中国政府が侵略の方針を変えない限り、「心の病」は続いていくだろう。


・中国の偽善も忘れるな。
彼らは他国が自国で行う訓練さえも我慢できない。
自分たちは頻繁に行っているのに。


・↑その通りだ。
韓国や日本が防衛を追求することを非難する一方で、北朝鮮を抑え込むことは拒否する。

https://goo.gl/WBd0OB,https://goo.gl/pZ5dc7

follow us in feedly