no title
「オープン戦、日本ハム-DeNA」(14日、札幌ドーム) 1軍復帰の大谷翔平投手が「3番・DH」で先発し、六回の第3打席で右中間へ特大のオープン戦1号2ランを放った。以下略(デイリースポーツ)
海外の反応をまとめました。


動画


・まるで左打ちのバティスタのスイングだ。素晴らしい。


・未来のカブスの選手だ。


・パドレスのユニフォームを着た彼を見るのが待ち遠しい。


・この男をさっさとMLBに連れてこい!


・投手がワインドアップする前、ボックス内で彼はジッとしている。


・少数派の意見かもしれない。
今までに彼の動画を見たことがなかった。
スタンスと暴力的なフォロースルーを見ると、彼のスイングは、ハーパーのスイングを彷彿させる。


・↑わあ、冗談ではなく、本当にハーパーっぽい。





・どうしてスコアボードに英語で「Homerun」と書かれているの?


・↑彼らは野球で英語の借用語をたくさん使用している。
ストライクやボール、チーム名もだ。


・日本は英語が大好きだからな。
日本中で借用語を目にすることが出来る。


・日本のアナウンサーは、いつも興奮しているように聞こえる。


彼がWBCに出場していなくて、とても悲しい。


・↑ああ、足首の怪我が分かったとき、酷い気分だったよ。
特に彼は日本のエースになるはずだったからね。
彼は見ていて、とても楽しい存在になっていたはずだ。


https://goo.gl/0Lhr5Y

follow us in feedly