09
パブリックディプロマシー
政府と民間が連携しながら、広報や文化交流を通じて外国の国民や世論に働きかける外交。広報文化外交。広報外交。対市民外交。(コトバンク)
海外の反応をまとめました。



・エゴだよ。
悪事を謝ることよりも否定する方が簡単だ。
イングランドにも同じことが言える。


・面目を保つことが、前に進むことより勝ると、そうなるんだ。
過去に何か悪いことをしたんだ。
謝罪して、前に進めよ。


・日本はいつも戦争中の残虐行為を否定する。
だから、いまだに問題なんだ。


・エゴイスティックな考え方と他人の価値を傷つけることが、軋轢と戦争を産みだす。
それが日本やヨーロッパなどの問題の根幹だ。


・日本の歴史の修正の仕方は、自分勝手だと思う。
自分たちのイメージだけを気にして、被害者の痛みは無視する。


・日本は歴史を消したり、変えたりするべきではない。
歴史から学び、自分たちの行動を恥じて、同じことを繰り返さないように


・↑浅いコメントだな。
歴史を書き換えない国なんてどこにある?
中国と韓国は?





・韓国人のせいだろ。
彼らが一線を越えたせいで、日本人の無関心を問題に目を向けさせた。
私の印象では、2011年くらいまでは、日本人は申し訳なさそうだった。
でも韓国が2011年に慰安婦像を建てて、李大統領が天皇陛下にひざまずいて謝罪することを要求してから、日本人は完全に態度を変えた。


・慰安婦像そのものよりも彼らの不満の方が国際的な注目を集めた。


・日本の外交は、「アメリカを再び偉大に」政権下の外交よりは無能ではない。


・↑同意だ!


・↑記事と何の関係があるんだ?
時には、他国も存在するんだぞ。


・↑際限なくアメリカと比較することは子供じみている。


・自分としては、慰安婦や日本と近隣諸国の問題について耳にすることにウンザリしている。
過去は水に流して、前を見る時が来た。

https://goo.gl/iiwHgX

follow us in feedly