8
北京(CNN) 中国・北京にある天壇公園でトイレットペーパー泥棒が横行する事態に業を煮やし、管理当局はこのほど、トイレの個室に顔認識ソフトウェアを導入した。 利用者がペーパーを引き出すためには、まずコンピューターの画面を見つめて顔面を認識させる必要がある。ペーパーが供給されるのは1人につき1回のみ。報道によると、同じ人物が追加のペーパーを必要とする場合は、そのまま9分間待たなければならない。以下略
海外の反応をまとめました。




・トイレットペーパーを手にするために、顔をスキャンするのか。
これは奇妙だな。


・北京ではトイレットペーパーが高いに違いない。


・北京に行く計画がないことを嬉しく思う。


・じゃあ、双子は同じトイレを使わない方がいいな。


・これは悲しい。


・一体どんな奴がトイレットペーパーを盗むんだ?


・時々、ショッピングモールのトイレに紙がないことがあるから、不思議ではない。


・シンガポールにもトイレットペーパー泥棒はいるぞ。


・こんな機械を導入するだけの金があるなら、トイレットペーパーを際限なく提供することは問題ではないだろ?


・全く驚きはないね。
最近の連中は、無料なら何でも持っていく。


・もしも機械が顔を認証しなかったら...?





・つまり人の領土を奪うのは良いけれど、トイレットペーパーを盗むのはいけないのか?


・もしも彼らがカメラを盗んだら?


・トイレットペーパーを持参しろよ。


・バッグのトイレットペーパーを入れて持参した方が良さそうだな。


・これは酷い。
トイレットペーパーの為に顔認証だって?
プライバシーはどこに行ったの?


・トイレットペーパーを売る人間を一人雇った方が良いのでは?


・過剰反応するなよ、みんな。
これは中国だぞ。


・だから中国のトイレにはトイレットペーパーがないのか。

https://goo.gl/HyXtTm,https://goo.gl/DvvZ7Q,https://goo.gl/v4tbLp
中国が世界初の顔認証ATMを開発(海外の反応)

日本が提言する快適な公衆トイレ(海外の反応)

follow us in feedly