r
稲田朋美防衛相は18日の衆院安全保障委員会で、朝鮮半島の情勢が悪化した場合の在韓邦人の保護について「民間の定期便で出国が困難となった場合、政府として自衛隊法に基づく保護措置、輸送の実施を検討することになる」と述べた。急激に情勢が悪化した場合などには、自衛隊の輸送機や艦艇を派遣するとの考えを示したものだ。  自衛隊の派遣には受け入れ国である韓国の同意が不可欠だ。だが韓国は自国内に自衛隊を入れるのには否定的で今後は韓国との調整が課題だ。  安全保障関連法の成立により自衛隊は在外邦人を輸送するだけでなく、警護や救出といった保護措置もとれるようになった。稲田氏は新任務について「必要な態勢を整え、訓練も順次実施している」と強調した。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。




・なんて面白いアイデアなんだ。


・もちろんだよ。
どうしてダメなの?
他国だって同じことをするだろう。
でも許容できる範囲で頼む。


・自衛隊を送り込むことには賛成だが、国際法上では合法なのか?


・↑共同防衛と呼ばれるものだ。
国際社会では合法で、受け入れられている。


・日本の法律で、こういう軍の派遣は許されている。
関係国の合意は必要だけどね。


・日本がアジアにおける軍事展開について語ると、近隣国は占領と慰安婦の恐ろしい記憶を呼び起こす。
朝鮮と中国にやましいところがないとは言わないけれど、日本はこういうことを語る時は、もう少し気を利かせるべきだ。


・稲田は、この状況をどうやって打開するか語るべきでは?





・誤植:北の攻撃を計画するアメリカ人はいない。


・ちょっと話題は逸れるけど、稲田は辞職したんじゃなかったの?


・このアイデアに何も問題を感じない。


・↑私も問題を感じないけれど、デリケートな問題だと知っているのなら、仮定のシチュエーションについて語るべきではない。


・自国の領土に自衛隊が足を踏み入れることに韓国が同意するとは思えない。


・国民を避難させることは、いじめや鈍感ではない。
韓国は反対しないだろう。


・↑もし日本が国民を韓国から避難させる事態になったら、韓国政府は存在しないだろう。


・↑攻撃の前に同意を取るんだよ。
攻撃後に取っても意味がない。

https://goo.gl/gx0Qxg,https://goo.gl/792gI2
日本政府が6万人いる在韓邦人救出の検討に着手(海外の反応)

follow us in feedly