123
 この週末にYouTubeで評判となり、じわじわと再生回数を伸ばしていたのが「MetaLimbs:」なる補助アームデバイス。東京大学の稲見昌彦教授を中心としたメンバーが開発したこのデバイスは、背中に装着したバックパックから伸びる2本の腕を、さまざまな作業における補助に使えるという触れ込みのアイテムだ。以下略(Internet Watch)
海外の反応をまとめました。



動画


・つまり彼はドクター・オクトパスなのか?


・こうやってドクター・オクトパスは誕生した。


・これは素晴らしい。
ドクター・オクトパスをどこかで始めないといけなかった。


・余分な手足をずっと欲しかったんだ。


・マジかよ。
これでトイレの最中でも、スマホを見るのを止めないで済む。


・トイレに行く時に、これを使うのが待ち遠しい。


・余分なロボットアームは結構だ。
奴らが公平な扱いを求めて、人類を滅亡させるまではね。


・「ハンズフリー」と点では、ロボットアームはSiriよりもずっとイライラさせないだろう。





・いつも通り、日本はロボット造りの技術を改善した。


・よくやったぞ、日本。
みんながロボットアームを作れるように、これをオープンソース化してくれ。
特に義肢が必要な人たちのために。


・良さそうなアイデアだね。
手足を切断した人たちの役に立ちそうだ。


・素晴らしい。
開発チームを褒めて、祝福したい。
人工装具と同じくらい役に立ったら素晴らしいね。


・スパイダーマンの悪役が欲しいのか?
こうやってスパイダーマンの悪役は誕生するんだぞ?


・誰かスパイダーマンを呼んでくれ。

https://goo.gl/fPd8M7,https://goo.gl/oTIQHR,https://goo.gl/80hPnf,https://goo.gl/UJyHRR
日本の大学が開発した「人工筋肉」を備えたロボット(海外の反応)

日本人が作り出した従来の常識を覆す義手が海外で話題に(海外の反応)

follow us in feedly