t5
日本生産性本部と日本経済青年協議会が6月26日に発表した今年度の新入社員意識調査によると、自分の仕事が終わっていれば、上司や同僚の残業に付き合わずに帰るという新入社員が過去最多になったことが分かった。しかし、ネット上ではまだ少ないと驚く声が多いようだ。日本生産性本部と日本経済青年協議会は平成29年度の新入社員1,882人を対象として、「働くことの意識」をめぐるアンケート調査を実施。調査によると「職場の上司、同僚が残業していても、自分の仕事が終わったら帰る」という質問に「そう思う」「ややそう思う」と回答した新入社員は48.7%にのぼった。昨年度の38.8%から9.9ポイント上昇し、過去最高の数値になっている。以下略(スマダン)
海外の反応をまとめました。




・ようやく彼らの考え方が変わったか。


・奴隷精神が崩れ始めている。
日本にとって良いことだ。
もっと自分らしくね。


・この考え方は良いね。


・ようやく前向きな兆候が見え始めている。


・本当に良いことだ。
生きるために働くべきだよ。
仕事を愛しているとしても、人生の一部にしかすぎない。


・日本人の多くが長時間労働しているが、全く生産的ではない。


・雇用主が、自分たちの生活のバランスを取ろうとしている者たちを差別しないことを祈る。


・まぁ、日本人はまともな休暇を取得するべきだし、社会生活を持てるべきだよ。





・やっとか。遅すぎるよ。


・どうなるか見てみようじゃないか、若い労働者たちよ。
どうなるか見てみよう。


・時に現実は厳しいよ...。


・日本よ、変わる時が来たぞ。


・↑そう願いたいが、時間がかかるだろう。


・行け!自分の原則に忠実にね!
いつか変化が起きるさ。
古い考え方の人々は、いずれこの世からいなくなる。


・↑新しい世代、新しい変化。そう願いたい。

https://goo.gl/82gv8p,https://goo.gl/T6VHTb
日本には研修の一環で新入社員に富士山を登らせる企業があるらしい(海外の反応)

follow us in feedly