ht
前略 日本の「赤毛のアン」への愛情は、第2次世界大戦が勃発する直前、カナダ人宣教師が自身の生徒である村岡花子氏に「赤毛のアン」の原書を渡した時に始まった。以来、この物語にヒントを得たアニメ・シリーズや漫画本、さらには複数の日本映画が作られ、「赤毛のアン」への愛情は今日に至るまで続いている。 こうして、アンは欧米からの輸入文化としてのみならず、日本文化そのものの一部となり、日本のアーティストや著者によって主に日本の観客や読者向けに、解釈に解釈が重ねられてきた。 日本人は概して真似が得意、と語るのは、筑波大学で文学を教える吉原ゆかり准教授だ。1年生向けの履修課程に「赤毛のアン」を取り入れている。 「赤毛のアン」はこうした日本のより広範な翻案文化の一部だと吉原氏は話す。 アンは特に日本の女性から人気がある、と吉原氏は言う。グリーン・ゲイブルズの世界は、日本語でかわいらしいとかロマンチック、美しいものを表現する時に使われる「カワイイ」に満ちているからだ。 美しい景色やふくらんだ袖、お茶会などのかわいらしいものばかりなので、日本の女性は『赤毛のアン』の話が大好き、と吉原氏は説明する。以下略 (BBC)
海外の反応をまとめました。




・もちろんだよ!彼女はカナダ人だからね!


・我々の国では、彼女は国宝だ。(カナダ人)



・私の大好きな本だ!


・子供の頃、この本が大好きだった。


・ビッグインジャパン!誰がこんなことを知っていた?
ビッグ・イン・ジャパン (Big in Japan) は、「日本でしか売れていない洋楽ミュージシャン」を指す俗語。 1980年代頃から日本の音楽雑誌の間で『日本でしか売れない洋楽バンド・アーティスト』を指す場合にこの用語が使われ始めたが、いつしか音楽業界以外でも使われるようになった。ウィキペディア

・彼らは赤毛のアンのアニメ版さえ制作した。


・70年代後半、アンのアニメが大好きだった。
本物の名作だ。
見ていない人は、是非見てくれ。


・アニメ版の赤毛のアンが好きだった。
彼女の性格は素晴らしい。
想像力豊かで、我慢強くて、ユーモアがある。
アニメ版を見たら、彼女みたいな娘が欲しくなると賭けてもいい。





・あれは彼女の写真ではない。


・↑彼女は本に出てくる人物だ。
「公式の」彼女なんていない。


・赤毛のアンを演じられるのは、ミーガン・フォローズしかいない。


・これって本当なの?
本とミーガン・フォローズが演じた実写版がずっと好きだった。


・プリンスエドワード島に行ったことがある。
東南アジアでもすごく人気があることを知った。


・赤毛のアンは、モンゴメリが書いた本の中で最高の本だ。


・日本には廃墟になった赤毛のアンのテーマパークがある。


・日本に住むミドルネームがアンの赤毛として、彼女が日本で一番人気のある赤毛であることに同意する。


・赤毛はどの人も美しいから、日本は彼女たちに恋するだろう。


https://goo.gl/b6TSYU
日本人とカナダ人のハーフ、マギーが話題に(海外の反応)

follow us in feedly