p
東京ローズ(とうきょうローズ、英語: Tokyo Rose)は、日本軍が太平洋戦争中におこなった連合国側向けプロパガンダ放送の女性アナウンサーに、アメリカ軍将兵がつけた愛称。日本政府は太平洋戦争中、「ラジオ・トウキョウ放送(現在のNHKワールド・ラジオ日本)」で、イギリス軍やアメリカ軍、オーストラリア軍をはじめとする連合国軍向けプロパガンダ放送を行っていた。捕虜から家族宛の手紙の紹介等をしていた。 1942年(昭和17年)2月に軍当局の発案で、連合国軍捕虜のラジオ放送の専門家を使う事にし、元オーストラリアABC放送のアナウンサーで、オーストラリア兵捕虜のチャールズ・カズンズ少佐、元アメリカのフリーランスアナウンサーで、アメリカ兵捕虜ウォーレス・インス大尉、レイズ中尉らを参加させた。チャールズ・カズンズ少佐は当初拒んだが、最終的に承諾した[1]。 そして始まったのが「ゼロ・アワー」で、音楽と語りを中心に、アメリカ人捕虜が連合国軍兵士に向けて呼びかけるというスタイルを基本とした。1943年(昭和18年)3月から、1945年(昭和20年)8月14日まで放送され、太平洋前線のアメリカ軍兵士らに評判となった。 英語を話す女性アナウンサーは複数存在したが(同局の女性アナウンサーは4人から20人ほどいたという証言もある)、いずれも本名が放送されることはなく、愛称もつけられていなかった。そこで、魅了する声や口調で、「今頃あなた達の奥さんや恋人は他の男性と宜しくやっている」など、棘のある内容を話す声の主に、アメリカ兵が「東京ローズ」の愛称を付けた。 1943年11月からアナウンサーに加わったアイバ・戸栗・ダキノ(アイバ・戸栗・郁子)は、自ら「孤児のアン」(Orphan Anne)という愛称を名乗って曲の紹介等をしていた[1]。ANはアナウンサーを意味するとも考えられた[2]。「東京ローズ」の人気はアメリカ本国で戦時中にもかかわらず、映画『東京ローズ』が製作・公開されるほどであった。ウィキペディア
海外の反応をまとめました。


動画


・彼女のことを学校で学んだ。
とても興味深い人物だ。


・興味深い。
彼女について聞いたことがなかった。


・酷い声だな!
彼女について大騒ぎしていたなんて信じられない。


・↑1940年代だったからな...。


・彼女が東京ローズだったとは思えない。

彼女はアナウンサーの一人だったかもしれないが、「東京ローズ」と名付けられた者ではないと思う。
間違いなく他に誰かいたのだろう。


・↑東京ローズは、米陸軍が「孤児のアン」と名乗った戸栗という女性に付けた名前だよ。


・他にも東京ローズはいたよ。
捕まったけどね。


・東京ローズは、ウエストバージニアにあるアルダーソン刑務所で刑期を務めた。





・彼女はアメリカの英雄だった。
彼女は放送を行うように誘拐されたアメリカ人だった。


・今日では「CNN」と呼ばれる。


・彼女は今日の主要メディアをうらやむだろうね。


・彼女は偽名でCNNに勤めていた。


・それで反米プロパガンダを行ったベストの女性は誰なんだ?
東京ローズ?平壌サリー?ハノイ・ハンナ?


・リベラルのメディアと同じくらい効果的だったな。


・彼女のことを憶えている。
第二次大戦中に我々の兵士のモラルを破壊するメッセージを送っていた。


・↑彼女は強要されていたんだ。
1979年に特赦を受けた。

https://goo.gl/pnfhUU,https://goo.gl/ouqQKU,https://goo.gl/qdbhD1
伝説の女性飛行士はやはり日本軍の捕虜に?公文書館で写真発見(海外の反応)

follow us in feedly