gg

米西部モンタナ州の元海兵隊員、マービン・ストロンボさん(93)が、第2次大戦中に戦地サイパン島から持ち帰った日章旗を岐阜県の遺族に返還するため今月訪日する。旧日本兵の遺品の返還活動に取り組み、遺族の特定に協力した米国のNPO「オボンソサエティー」が31日までに明らかにした。  日章旗の持ち主は岐阜県東白川村出身の安江定男さん(25歳で死亡)。ストロンボさんは1944年7月、戦死した安江さんが上着の中に入れていた日章旗を発見し「いつか、しかるべき人に返せるかもしれない」と持ち帰った。  ストロンボさんは終戦記念日の8月15日、娘や孫らと東白川村を訪問する予定。安江さんの弟の辰也さん(89)ら遺族に、安江さんの最期の様子を直接伝えたいという。以下略(共同)
海外の反応をまとめました。



画像
hh


・兵士たちがお互いに持つ尊敬の念だ。
命をかけて戦い、お互いの勇気を尊敬する。


・本当に素晴らしい。
これは敵がいつかは友人になりうることを示している。


・よくやった。
今でもあなたはカッコいい海兵隊員だ。


・これは素晴らしい。
続報があることを祈る。


・重要な物だと知っていたのなら、どうしてこんなに時間がかかったの?


・正しいことをするのに遅すぎることなんてない。


・それで、旗の返還にどうしてこんなに時間がかかったんだ?
自分勝手な行為だな。


・そもそも、彼は旗を持ち帰るべきではなかった。
一体誰がそんなことをするんだ?


・戦争は起きるべきではなかった。
あまりに多くの命が失われた。


・戦争は地獄だ。
勝者はいない。





・家の中で展示品として飾っていたのか?
もしそうなら、彼にケーキを焼いてやれよ。


・自分がその場にいない限り、戦争がどのようなものか分からないはずだ。


・彼が返還しに行ったことを嬉しく思う。
あの旗はアメリカ人の血で汚れている。


・それで彼らは亡くなった者から旗を奪ったのに、盗んだ物を返還しに行った彼を我々は褒めるのか?


・私の義理の父も持っていたよ。
硫黄島で戦った退役軍人だ。
尊敬の念を見せてくれ。
彼らは歴史を作った。


・私の祖父も硫黄島から持ち帰った刀を返還しようと頑張った。
遺族を見つけることは出来ずに、2011年に他界した。


・グアムで亡くなった日本兵の手紙と写真を私は持っている。
可能ならば、遺族に返したい。


・この旗は、我々に注意喚起する物としての役割を果たすべきだ。
将来、我々の子どもたちに旗を返還させたり、返還されることを君たちは望むか?

https://goo.gl/7mGQCAhttps://goo.gl/qTbbE4https://goo.gl/MtTbmAhttps://goo.gl/gAN7bYhttps://goo.gl/vrS3vj
外国人「俺の祖父が日本兵から寄せ書き日の丸を奪った。持ち主が誰か分かるか?」(海外の反応)

follow us in feedly