kk
「忍術」試験を突破して大学院生に――。三重大は大学院の人文社会科学研究科地域文化論専攻で、来年2月の入試から選択科目として「忍者・忍術学」を導入することを決めた。同専攻では、忍者関連の授業が複数設けられ、修士論文も忍者をテーマにすることができる。  山田雄司人文学部教授によると、学術的、科学的に忍者を研究する人材を育成するほか、「伊賀流忍者」発祥の地、三重県伊賀市など地元で町おこしとして、観光関連の仕事に携わる人にも門戸を開くのが狙い。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。




・学部の科目で忍者学を学びたかったよ。


・ようやく影分身の術を学べる場所を見つけた。


・アメリカの学生が履修する役立つ授業をもっと増やしてくれ。


・これはただ笑うしかない。


・仕事で使える実用的なスキルに他ならない。
よくやったぞ。


・私はもう体術を憶えていない。


・ようやく夢が叶う。


・もう一度大学に戻る時が来たな!ハハ!





・大学を変えたい人いる?


・↑ノーサンキューだ。


・私の仲間のナルトはどこ?


・私は火影になるぞ。


・おお!オンラインで忍者学を学べないかな?


・これは賢い。とても良い考えだ。


・どこで申し込めるの?


・体術と幻術も忘れるな。

https://goo.gl/14JX5r
日本の忍者が隠し持つ武器10選(海外の反応)

どうして忍者はいつもこれをしているの?(海外の反応)

follow us in feedly