et
在ペルー日本大使公邸占拠事件(ざいペルーにほんたいしこうていせんきょじけん)は、1996年(平成8年)12月17日(現地時間)に、ペルーの首都リマで起きたテロリストによる駐ペルー日本大使公邸襲撃および占拠事件。翌1997年(平成9年)4月22日にペルー警察が突入し人質解放されるまで、4か月以上かかった[1]。在ペルー日本大使公邸人質事件ともいう。以下略(ウィキペディア)

海外の反応をまとめました。


動画


・当時、ヘルメットカメラが無かったのが残念だ。
すごい記録映像になっていただろう。


・↑公式の話にするために、多くのシーンを消去する必要があったろうな。


・初めてFN P90が使用された人質救出作戦だった。


・私は1マイルも離れていない建物の14階に住んでいた。
まだ10歳だったけれど、これが起きた時の音を憶えている。
正直、この事件は映画化するべきだと思う。


・↑もう既に映画化されていると思う。
ペルーにいた時、この事件に関する20分の映画を見たのを憶えているよ。
タイトルは分からないけれど。


・↑どうやらそのようだね。
私も見てみるよ。
でも、予算をたくさん使った映画が撮られていたらなぁ。


・大使館周辺を緊急車両がすべて塞いだせいで、登校できなかったことを私は憶えている。





・男が旗を放り投げて、もう一人の男が「これは良いお土産になる」といった感じに拾い上げる様子が好きだ。


・↑燃やそうとしたけど、上手く行かなかったように見える。
そして、「まあいいや、とっておこう」という感じになった。


・↑私もそう思った。
間違いなく目的を持って近づいた。
たぶん、あとで売ったかも。(笑)


・祖母がメキシコのドラマか何かを見ていた時に、突然中断されたのを憶えているよ。
ドラマを中断してまでテレビで戦闘シーンを放映すると、とても重要な出来事だと分かる。


・悲しいことに人質の1人の命が奪われた。
共産党主義者と彼らの暴力的な革命にはうんざりだ。


・↑彼は政府軍が突入した時の心臓発作で亡くなったんだよ。


>>共産党主義者と彼らの暴力的な革命にはうんざりだ
↑非暴力的な革命など存在しない。


https://goo.gl/sBPTsg
日本人質事件に配慮して自粛が続く日本のテレビ(海外の反応)

follow us in feedly