fg
成人向け雑誌をフィルムで包み、扇情的な表紙を見えなくする-。千葉市がコンビニで実施する陳列対策のモデル事業が、難航している。予定していたセブン-イレブン12店舗に断られたためで、別の複数社と交渉中だが、見通しは不透明。市民アンケートで7割を超す賛成がある一方、表現の自由が妨げられると反対の声があり、1自治体、1企業が軽々に判断できない側面がある。以下略(千葉日報)
海外の反応をまとめました。




・日本では、普通のことだからな。


・ありがとう、セブンイレブン。


・↑我々のセブンイレブンには、成人雑誌は置いていないぞ...。


・かなりのダブルスタンダードだね。


・日本のは既にモザイク処理されているじゃないか。


・何の意味が?
既に雑誌にはモザイクがかかっている。


・もし私が千葉に住んでいたら、こういった馬鹿馬鹿しさに抗議するために千葉のセブンイレブンに行くことを抗議するだろう。


・つまりコンビニで成人雑誌を陳列するのはOKだけど、電車内や職場、それから公園で読むことは間違っているのか?





・私は毎日何か新しいことを学ぶ。


・イギリスでも同じように成人雑誌の問題があった。
日本の成人雑誌に比べれば、ずっと穏やかだけどね。
2013年に大きな運動が起こり、成人雑誌に表紙を覆うように重圧がかかった。
上手く行ったよ。


・もし私がコンビニのオーナーだったら、比較的問題ではないことに対処するだけの時間はないね。


・この記事で最も驚くのは、千葉市にセブンイレブンが12店舗しかないことだ。
ファミリーマートの領地か何かなの?


・子供たちは、コンビニにキャンディを買いに行くんだよ。
私はタコマに住んでいるが、すぐ近くの店が同じことをしている。
あの店に行くのはやめたよ。


・家族に優しい店になりたいのなら、コンプライアンスに従うべきだよ。
子どもが目にするかもしれないだろ。


・成人雑誌は、大人だけが目にするようにするべきだ。
こういう雑誌は、子供たちが買う雑誌やアイスの隣に売っていることが多い。

https://goo.gl/sq5Eua,https://goo.gl/LCKM9z,https://goo.gl/jad3zB
日本のコンビニが無断駐車に取った対抗措置(海外の反応)

日本のコンビニで食べかけのケーキが誤って販売される(海外の反応)

follow us in feedly