gr
【10月3日 AFP】英ロンドン(London)のメイフェア(Mayfair)地区にあるすし店「THE ARAKI」が、レストラン格付け本「ミシュランガイド(Michelin Guide)」の三つ星を獲得した。英国の日本食レストランが三つ星を獲得したのは初めて。  カウンター9席の同店のメニューはお任せのみで価格は1人300ポンド(約4万5000円)。昨年の二つ星から昇格し、誰もが欲しがる最高評価のレストランの仲間入りをした。以下略
海外の反応をまとめました。




・素晴らしい偉業だ!ふさわしい。


・9席で300ポンド(約4.5万円)のセットメニューか。
おそらくロゼは含まれていない。


・300ポンドのメニューか。
9席しかなくても不思議ではないな。


・日本では、これくらいの大きさのレストランは珍しくない。


・金持ちになったら、このお店に行こう。


・私は金沢でもっと美味しい寿司を食べたぞ。


・今度ロンドンに行ったら、この店に行こう。


・どうやら二郎がロンドンに来たようだな。
先週、東京でこの老人に寿司を握ってもらった(海外の反応)


・Oh,Yes!
イギリスの主食、寿司!
イギリス料理?日本料理?





・しかも火が通ってさえいない!


・生の身を提供して?


・つまり調理すらされていない食べ物が、ミシュランの星を獲得したのか?


・私は寿司や加熱されていない料理はすべて嫌いだ。


・↑火が通っていない肉は、すべて危険だ。


・もし私が生の肉を食べたいと思ったら、妻に調理させる。


・寿司:手間は半分で、値段は2倍。(笑)


・OK。このレストランは、いつ星を返還するんだ?
ミシュランの宣伝のためにタダで行っているだけだ。


・過剰なまでの高い水準についていくために、彼らは経済的に苦戦して、いずれ星を失うことになる。
他のトップのレストランのようにね。

https://goo.gl/PAizGR,https://goo.gl/D3TrcU,https://goo.gl/Rnv4vS,https://goo.gl/zDQ2Ks
日本のミシュラン「1つ星」店で食中毒(海外の反応)

日本の寿司職人と素人が握った寿司を比較した実験(海外の反応)

follow us in feedly