gggg
 カジュアル衣料品ブランド「ユニクロ」は、米国の空港やショッピングモールで、衣料品の自動販売機「ユニクロ・トゥー・ゴー」の展開を8月に始めた。自販機の利便性の高さに着目し、旅行客らの利用を見込む。日本での導入予定はない。  西部カリフォルニア州オークランドや南部テキサス州ヒューストンの空港、ロサンゼルスとニューヨークのそれぞれのモールなど計10カ所に設置。商品は69.90ドル(約7900円)の軽量ダウンジャケットと発熱・保温効果のある機能性下着「ヒートテック」(14.90ドル)の2種類を用意し、価格は店頭と同じ。以下略(共同)

海外の反応をまとめました。



・天才だな。


・自販機で服を売るのはユニクロだけだよ。


・アメリカの衣料品店のカスタマーサービスは酷い。
だから、これはとても素晴らしいアイデアだと思う。


・試着出来ないのなら、私は買わない。
自分の体に合うかどう知ることが出来るの?


・↑一般的に自分のサイズは知っているだろ。
自分のサイズなら、そんなに間違ったことにならない。


・↑サイズに関しては、ブランドによってかなり違うぞ。
それに自分で着てみるまで、その服が審美的に合うかどうか分からない。


・クールだね。
それでもまず最初にサイズが合うかどうか試す前に服を購入することを奇妙に感じる。


・↑ユニクロの服は、かなり安い。
自分のサイズを知っている限りは問題ないよ。
たぶんターゲットになっているのは、空港で急いでいる人たちや、天気予報をチェックせずに天候に合わない服を着てきた人たちだと思う。


・天才だよ。
北カリフォルニアにやってくる人々は、ヤシの木とビーチのことしか考えないけれど、凍えそうに寒いことが多い。特に夜はね。





・私が荷造する時は、何も忘れない。


・日本は、とても革新的だね。


・これは素晴らしいと思う。


・ユニクロの創業者である会長の柳井正は、とても賢い男だ。


・便利だし、価格が手ごろだ。


・私は折りたためるユニクロのダウンジャケットが大好き。


・空港でユニクロの商品を買ったことがある。
これは良いね。


・もうカバンは必要ないのかな?

https://goo.gl/x1AQpw,https://goo.gl/oh49EU,https://goo.gl/snCLKW
日本のユニクロの服のサイズは3XLでもアメリカでは肥満の部類に入らない(海外の反応)

follow us in feedly