gf
社員を採用するための企業の合同説明会が多様化している。2018年度からの雇用義務化を前に、鬱病など精神障害がある人を対象としたり、海外展開を意識して外国人留学生向けに開いたりしている。参加企業は増えており、力になる人材獲得への取り組みとして今後も広がりそうだ。以下略(SankeiBiz)
海外の反応をまとめました。




・縮小する労働市場においては必要なことだ。


・政府が移民の受け入れを先延ばししているからだろ。
企業が頑張らないといけない。


・申し訳ないが、私は精神の障害を抱えた人たちと働きたくない。
彼らの気分がすぐれない日があったら?
どうしてこれが労働者不足の解決策になるの?


・↑時には心配になるだろうが、おそらく不安症の治療を受けている人たちのことでは?


・事実だとしたら素晴らしい。
でも外国人と障害者が同じカテゴリーなのが面白い。


・↑日本以外の場所だったら、私も驚いていただろう。


・↑ほとんどのアメリカ人は常識が欠けているから障害者と見なされるよ。


・↑どれだけ頑張っても、日本人にはなれない。


・良いことのように聞こえるが、どの仕事も低賃金で多くの外国人労働者が嘘の約束に騙される気がするのはどうしてだろうか?





・日本の企業文化に飛び込む前に、深部まで見た方が良いぞ。


・私は日本で高齢者や障害者の為に介護の仕事をしたい。
だから私を雇って。


・日本で働くことが私の夢だった。
一生懸命調べた結果、外国人という理由でホームレスになると分かるまではね。


・↑ホームレスが言いすぎだが、乗り越えないといけない高い壁はあるね。
外国人が移住するのに決して簡単な国ではないよ。


・障害者にとって採用機会が増えるのは、とても良いことだね。
外国人労働者の受け入れについてもっと知りたいけれど。


・皮肉を言うぞ。
もし私が障害のある外国人だったら、日本の労働ビザを手に出来るのか?


・ほとんどの仕事でネイティブの日本語かビジネスレベルの日本語が要求されそうだ。

https://goo.gl/2uqU8g,https://goo.gl/zrKRCe
日本の障害者プロレスに対する海外の反応(海外の反応)

日本の外国人労働者が初めて100万人超える(海外の反応)

follow us in feedly