gf

海外の反応をまとめました。


●その1:これこそザ・プロポーズ 「プロポーズがすごかった! ちゃんと片膝をついて目を見つめながら『僕と結婚してください』と、ダイヤの指輪を渡されました」(31歳/ダンサー、34歳/イタリア人男性)
 ●その2:歯の浮くようなメール 「彼からのメールはいつも、『世界一美しい君へ』からはじまります。自然に使ってくるところが、さすが外国人だなって思います」(26歳/旅行代理店、29歳/スペイン人男性)
●その3:仲直りの花束 「ケンカした後には、アパートや会社にまで仲直りの花束が届きます。恥ずかしいけどやっぱり嬉しい」(29歳/経営コンサルティング、27歳/イギリス人男性)
●その4:映画のような起こしかた 「お休みの日は彼がステキな朝食を用意してくれて、『はやく君の美しい瞳に僕を映して』と言ってキスをしながら起こしてくれます。まさか、この自分が映画みたいなシーンを体験するとは」(33歳/WEBデザイナー・37歳/フランス人男性)
●その5:初めて記念に一輪の花 「初めて食事をしたときや、初めて手を繋いだときなど、事あるごとに一輪の花をそっと渡してくれる」(30歳/建築家、28歳/ギリシャ人男性)
 ●その6:置手紙で愛を確認 「仕事で朝早く家を出る彼は、いつも一言置手紙を書いていってくれます。手書きの文字に愛を感じます」(28歳/商品開発、26歳/中国人男性)
●その7:電話でI LOVE YOU 「電話を切るときは必ず『I LOVE YOU』と言ってくれます。いまだに慣れなくて赤面」(29歳/メーカー勤務・26歳/アメリカ人男性)
 ●その8:食事を食べさせてくれる 「すごく優しい彼氏にメロメロです。とくに、食事の最初の一口と、最後のひと口は、必ず食べさせてくれるのには驚き」(32歳/派遣社員・27歳/韓国人男性)
 ●その9:キスは当たり前 「毎日愛の言葉をささやきながら、10回以上のキスはあたりまえ」(36歳/カメラマン・32歳/イタリア人男性)
●その10:呼びかたも豊富 「彼の国は愛情表現の言葉が多く、呼びかけだけでも、『私の愛』『私の宝物』などと愛おしそうに呼んでくれます」(34歳/WEBクリエイター・38歳/フランス人男性)
以下略(Gow!Magazine)

・人ぞれぞれなんじゃないかな...


・中には引いてしまうものがあったよ。ハハハ。


・こんなのデタラメだろ。


・その4。(笑)
読み返すたびに笑える。


・驚いたよ!
なんてロマンチックなパートナーなんだ!


・私は一体何を読んだんだ?


・外国人のように花を渡して、キスをする日本人男性を知っている。
でも、ちょっと気持ち悪かった。


・彼女たちに金を見せろ。
彼女たちに向かって金を投げつけろ。


・↑それでお前は上手くいったのか?


・アメリカ人かヨーロッパ人でないといけない。
日本の女の子たちは君たちに夢中になるぞ。
保証しよう。(笑)


・こんなのデタラメだろ。
みんながそれを知っているはずだ。





・日本の女の子たちは従順だ!
彼女たちはもっと良い扱いを受けるに値する!


・日本人男性はレディファーストではないと見聞きした。


・感情を表現することはとても重要なことだ。
なんといっても我々は人間だからね。


・ロマンスは構わない。
「はやく君の美しい瞳に僕を映して」は口説き文句だ。
どれくらいオリジナルなのかググってみろ。


・日本人のプロポーズは「一生味噌汁を作ってくれますか?」だろ。ハハ。


・外国人男性は膝をつく、日本人男性は「おい、早く結婚しよう。お前」と言うだろう。


・アメリカでリストに挙げられていることを試してみろよ。
全く評価されないからな。
今時、花なんて効果ないぞ。


・結局文化なんだよ。
日本人男性は日本でそのように育てられてきたんだよ。


https://goo.gl/6bc2U9,https://goo.gl/1dh8Lc
日本人女性が許せる男のオタク趣味ランキング(海外の反応)

日本人男性の34%が女性の同僚を怖いと感じる(海外の反応)

follow us in feedly