t
米ハリウッドでも活躍する日系人俳優のジョージ・タケイ(80)が9日、都内で行われたブロードウェーミュージカル「アリージャンス/忠誠」のジャパンプレミア上映会見に出席した。  第二次世界大戦下に「日系人である」という罪で強制収容所に収容されたタケイとその家族の実話をもとにした物語。タケイが、今作で主演を務める。  ブロードウェー公演後は映像作品としてアメリカ、カナダなど610館以上の映画館で上映。10〜12日に日本でプレミア上映される。  日本での上映についてタケイは「言葉で言い表せないほど、この話を日本に持ってこられたことを、大変光栄に思っている」と、にっこり。以下略(日テレNEWS24)
海外の反応をまとめました。




・願わくば、すくに映画化されてほしい。


・アリージャンスがブルーレイで販売されることを祈る。
私は本当に楽しんだ。


・幸いにも昨晩、恵比寿で君の話を聞くことが出来た。
君の家族の話をシェアしてくれてありがとう。


・もし東京にいるなら、一緒に遊ぼう。


・かなり近くまで来た!
もし君が台湾に来たら、私のスケジュールがどんなに厳しくても、君に会いに行くよ。


・偉大な男であり、偉大な役者だ。
彼は第二次大戦中にアメリカで迫害に苦しんだが、それでも堂々と振る舞った。


・君が反軍国主義と反戦をさらに推し進めることを祈る。
それと、アメリカの帝国主義と世界の犯罪を止められるといいね。





・収容所に彼を入れたのは民主党員だったことを彼が思い出してくれたらなぁ。


・民主党が作った強制収容所の話?


・この国のことがそんなに嫌いならば、どうして日本に住まないんだ?


・いまだに過去に生きている。
年を取って、ボケ始めるとそうなるんだろうな。



・↑釣りレベルが10点中3点だ。
もっと上手くやれるだろ。


・君が日本で素晴らしい時間を過ごしたことを祈る。


・愛しているよ、ジョージ。
自分の仕事を続けてくれ。

https://goo.gl/CHte7C,https://goo.gl/ZmrjVS
カリフォルニアが日系人の強制収容に関わる教育を拡大(海外の反応)

帰還兵の横を通る強制収容所から解放された日系人たち(海外の反応)

follow us in feedly