err
米国発祥の11月の大型セール「ブラックフライデー」が日本でも拡大している。昨年に国内大手で初めて本格導入したイオンは、前日が祝日のため1日前倒しでセールを開始。楽天もポイント付与率を最大36倍とし、米ギャップは対象ブランドを増やす。個人消費が力強さを欠くなか、年末に向けた安売り合戦が熱を帯びそうだ。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。



ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、小売店などで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日のことである。アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日にあたり、この日は正式の休暇日ではないが、休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。ブラックフライデーには買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされている[1][2]。また、ブラックフライデーは年末商戦の幕開けを告げるイベントでもある[2][3]。 日本語では黒字の金曜日とも訳される[1][2][3]。以下略(ウィキペディア)


・ブラックフライデーはどうして存在するのか?
理由は金だ。


・アメリカのようにウォルマートの商品を巡って、彼らがお互いの命を奪い合わないことを祈る。


・アメリカ人としては、国として「どういたしまして」と言うべきか、「申し訳ない」と言うべきか確信が持てない。


・アメリカ人として、日本に我々の愚行を紹介したことを謝罪したい。


・たった今、入ったニュースです。
アメリカが冷戦に勝ち、すべてをコントロールしている。


・でも、Amazon Japanは今年はサイバーマンデーを行わない...。


・私は今、日本の道頓堀にいる。
ブラックフライデーは大きな行事ではない。
人々はクリスマスセールに興奮している。


・私は日本に住んでいるが、確かにブラックフライデーは日本にまでやって来た。
ただそれでも私のクラスメートたちはそれが何なのか知らなかったよ。





・最近、メキシコでもブラックフライデーがある。
金が理由だろうな。


・私も金が好きだ。
結局、みんな同じなんだな。


・ブラックフライデーは感謝祭とは何も関係がない。
単なる企業が価格を大幅に下げる時期だよ。


・もうどこの国でも存在しているだろうな。
単なるマーケティング戦略だよ。


・ロシアではブラックフライデーが始まって10年になる。
ブラックフライデーの1~2週間前になると、みんなが価格を値上げするのが残念だ。


・不快だ。
これほど悲しくて醜い祝日はない。


・群衆の殺到で誰かが命を落とすまではブラックフライデーではない。

https://goo.gl/zb1BiR,https://goo.gl/t8ETcr
ハロウィンが日本で独自の発展を遂げ、ブームに(海外の反応)

日本では男性はバレンタインの一か月後にプレゼントのお返しをするらしい(海外の反応)

follow us in feedly