p
ナチス・ドイツの「断種法」をモデルとした国民優生法を前身とする旧優生保護法(1948~96年)の下で、国が知的障害などを理由に不妊手術を強制したのは個人の尊厳や幸福追求の権利を保障する憲法に違反するとして、当時10代だった宮城県内の60代女性が国を相手に国家賠償と謝罪を求めて来年1月にも仙台地裁へ提訴することが分かった。女性は不妊手術を理由に縁談が破棄された経緯があり、現在も独身。旧優生保護法に基づく障害者らへの不妊手術は全国で約2万5000件確認されているが、国への提訴は初めて。以下略(毎日新聞)

海外の反応をまとめました。



・一体何だこれは?
帝国主義の日本か?


・カナダでも1975年まで起きていたよ。


・↑ここ数年の間に、カリフォルニアの女性囚人に起きた。


・ナチスの名残だ。


・どうりで彼らはみんな賢いわけだ。


・何が問題なんだ?
彼女は自分で育てられない子供を産むことになっていた。
そしてその子供も彼女と同じように成長するだろう。


・↑つまり彼女が子供を持つことを否定することは正しいことだと言いたいのか?
強制の不妊は深刻な問題だ。
どんな文明社会でも起きるべきではない。


・西洋諸国の多くの人々は、子供を産むには免許が必要だと思っているのでは?





・1948年の優生保護法か。
そんなことが存在したと学ぶことが恐ろしいな。


・↑正直、いつか復活すると思う。より洗練されて。


・一体どんな人間が、壊滅的な遺伝子の病に苦しむ人生を歩むだろうと分かっているのに産みたがるんだ?


・↑この女性は若いころに麻酔によって重い障害を負った。
記事を読めよ。


・彼女が提訴したことは良いことだ。
これは多くの国々で起きた。
出産の権利は、生きる権利に次ぐ基本的人権だ。


・アメリカも1970年代までこれを行っていた...。


・↑優生学を信じる者があまりに多すぎる。
優生学は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される。1883年にフランシス・ゴルトンが定義した造語である。 優生学は20世紀初頭に大きな支持を集めた。その最たるものがナチス政権による人種政策である。 ウィキペディア

・優生学がいつまで存在していたか知ったら、みんな驚くぞ。

https://goo.gl/DbojAD
日本人ハーフの遺伝子(海外の反応)

日本の研究チームなどが発見、アーミッシュに寿命10年延ばす遺伝子変異(海外の反応)

follow us in feedly