rr
血天井(ちてんじょう)は、主に日本の戦国時代の武将が戦いで絶命した際の血痕が付いた建物の床板・縁板を、供養などのため天井に張り替えたと言われるもの。ウィキペディア
海外の反応をまとめました。



伏見城 伏見城の戦いでは、徳川家康の家臣鳥居元忠らが伏見城で守っていたが、石田方に攻められ建物の大半を焼失し落城した。鳥居元忠や家臣らが自刃した建物の血痕の残る床板が供養のために京都などの寺の天井に貼られたといわれる[1]。 養源院(京都市) 宝泉院(京都市) 正伝寺(京都市) 源光庵(京都市) 興聖寺 (宇治市) 天球院 (京都市)(妙心寺の塔頭) 神応寺 (八幡市) 栄春寺 (京都市) ウィキペディア

・日本の設計理念は深いな。
金継ぎや他の概念もとても美しい。
日本には割れた陶磁器を修復して破損前と違う趣を楽しむ金継ぎという修理法がある(海外の反応)


・かなりの筋金入りだな。


・↑日本はハードコアだ。


・↑かつてはな。
今はただ奇妙なだけだ...勘違いしないでくれ。
私は奇妙な日本が好きだ。


・これは素晴らしい。


・↑「素晴らしい」が適切な言葉かどうか確信が持てない。


・クリックする前から鳥居元忠だと知っていた。
私は戦国オタクなんだ...。


・京都はかなり大きい。
基本的に見た目が同じの道や店がたくさんある。
これを見つけられると良いな。


・誰かがルミノールのボトルとライトを持って、そこに入って行く様子を見たい。
ルミノール は、窒素含有複素環式化合物の一種で、科学捜査や、化学の演示実験に欠かせない試薬である。過酸化水素とともに用いると、血液の存在を強い発光で知らせる。その発光反応はルミノール反応と呼ばれる。水に不溶だが、塩基性水溶液には可溶。 ウィキペディア




・敵にやられるよりも自刃するすることの方がより誇り高いのか?


・↑基本的に切腹は恥を避けるためのものだった。


・↑当時、誰もごう問されたくなかったんだよ。
どれほど筋金入りの人物だったとしてもね。


・↑武士道というのは、西洋の日本オタクたちに過剰宣伝され、日本の歴史家たちによってかなりバイアスがかかっている。
このように自らの命を絶つということは、敵に何をされても受け入れることになると日本人は信じている。


・↑第二次世界大戦までそれは続いた。
連合国軍に捕まるのを避けるために、彼らは集団自決した。


トータルウォー:ショーグン2に出てきた私の敵は、これよりも献身さがあった。
毎回、最後の1人まで戦った。


・血天井を見たかったよ。
明日、京都を発つ。
一週間前にスレ主がスレを建ててくれていたらなぁ。
次回見に行くよ。

https://goo.gl/MR1Xu8
日本の城は床を歩くと鳥が鳴くような音がする(海外の反応)

follow us in feedly