gge
韓国・平昌冬季五輪(2018年2月)をめぐってアメリカが揺れている。アルペンスキーの有力選手が公然とトランプ大統領を批判したかと思えば、北朝鮮問題で連日、各国と交渉にあたっているヘイリー国連大使が、問題に進展がなければ、選手団を派遣しない可能性も匂わすなどしているからだ。 五輪をめぐっては、ロシアが国家ぐるみのドーピング問題で国としての参加を禁止されたばかり。スポーツの祭典であるはずの五輪に、政治的な要因が暗い影を落としている。以下略(huffpost)
海外の反応をまとめました。



・なんという奇妙な偶然なのだろうか。
ロシアが五輪から締め出された日にアメリカは参加しないことを考慮し始めた。


・もちろんアスリートたちは韓国に行くよ。


・このアスリートたちは五輪の準備の為に生涯を費やしている。
それなのにトランプ一人がすべてを台無しにしている。


・アメリカのアスリートたちは参加するが、チームとしては行かない。


・アメリカのアスリートたちが最後に五輪に出なかったのはいつ?
1980年?


・↑アメリカは1980年のモスクワ五輪をボイコットしたよ。


・ありがとう、オバマ。
お前が8年間何もしなかったせいで、大混乱だ。


・行きたい人なんて誰もいないと思う。


・↑アスリートはみんな行きたいだろ。
お前は行きたくないだろうが、それが何だ?





・アスリートたちに決めさせろよ。


・スポーツなんてそんなに重要ではないだろ。


・ロシアのアスリートが行けないのなら、アメリカのアスリートも行けないとプーチンがトランプに言ったのだろう。


・何を悩む必要がある?
費用便益費だよ。


・トランプの野郎がアメリカ人を危険に晒している。


・↑知ってるよ。
トランプが大統領になるまで、北朝鮮は平和でミサイル実験なんてしていなかった。


・落ち着けよ...すべて大丈夫だから...。

https://goo.gl/c51J49,https://goo.gl/rLom2V
韓国「北が平昌五輪に致命的な影響も」(海外の反応)

平昌五輪、北次第で仏参加せず(海外の反応)

follow us in feedly