etf
世界で最も人気のある日本食の一つである寿司(すし)。その寿司を調理する寿司職人になるには、10年間以上の修行期間が必要ともいわれます。寿司職人になるために若いアメリカ人女性が日本人寿司職人の元で「APPRENTICE(見習い)」として修行をしている様子を紹介するムービー「How To Become A Sushi Chef(寿司職人になる方法)」が世界各地の食に関するコンテンツを発信するYouTubeチャンネルEaterで公開されています。以下、全文を読む(Gigazine)
海外の反応をまとめました。


動画



・これは強烈だね。


・彼女はとても神経質になっている。


・素晴らしい物語だ。


・寿司作りには尊重しないといけないルールがたくさんある。


・男性が握る寿司と女性が握る寿司の違いは何だ?


・↑日本人の中には、女性の方が温かい血が流れているから、手も温かいと信じている人たちが存在している。
だからシャリの食感と魚の鮮度を変えてしまうと思っている。
日本では女性の手は温かすぎて寿司職人に向かないと信じられているって知ってた?(海外の反応)


・↑日本では、女性は寿司を握らない。
少なくとも私が日本にいた時はそうだった。


・彼女は奴隷だな。


・寿司はゆっくりと世界の新興宗教になりつつある。





・クジラの寿司は無いの?


・この女性は良い人そうだね。


・この男はヨーダだ。


・彼女は帰宅した後、毎日泣いているのが分かる。


・こういう情熱は今日の文化では失われてしまった。


・↑こういう情熱はくだらない。
師匠に従属的で、謙虚にならないといけないということだからね。
学ぶと言うのは、規律と同時に自分の創造性に誇りを持つことだ。


・素晴らしい動画だ。
私は料理人が料理に対する情熱を語る動画がいつも好きだ。

https://goo.gl/GmH8Lv
ホリエモン「寿司職人になるための長年の修行は不要」(海外の反応)

日本の寿司職人と素人が握った寿司を比較した実験(海外の反応)

「なでしこ寿司」日本にある女性職人のみの本格寿司店(海外の反応)

follow us in feedly