gee
全身タイツ&目だし帽、ボストンの極寒レースで2時間18分56秒…米メディア称賛  男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が1日、米ボストンで行われた「マーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソン」に出場し、2時間18分56秒をマーク。気温―17度という極寒レースで自身76度目の2時間20分切りで世界最多記録を樹立した。米メディアは、全身タイツで完走した異様ないで立ちとともに快挙を注目し、米メディアも「極寒で最も速いマラソンランナー」と仰天している。  最強の市民ランナーが、全身タイツで世界のマラソン界に歴史を刻んだ。  川内は気温-17度という極寒レースで2時間18分56秒をマーク。蛍光オレンジの長袖ウェアに「4100」のゼッケンをつけ、黒の長袖パンツに手袋、そして、顔は鼻と目だけを残してすっぽり包んだ黒の帽子をかぶった。到底、マラソンとは思えないいで立ちで世界最多76度目の2時間20分切りを果たしてみせた。以下略(THE ANSWER)
海外の反応をまとめました。


動画



・-10度で2時間20分を切ったぞ。


・↑でも一体どうやって?


・素晴らしい話だ。


・タフ...タフな奴だ!


・滅茶苦茶滑りそう!


・氷が溶けるように塩が撒かれた舗装の上を彼は走った。


・狂っている。
最後の37kmは足を動かさなくてもゴールできた。


・脚を動かせない時は、私はいつも走るのに苦戦する。





・月曜にこのランナーについて我々は語っていた。


・これは素晴らしい。


・凄い功績だよ。
でも、正直になろうよ。
トップのマラソンランナーなら、その気になればこの記録を破れる。
でも彼らはタイムと勝つことにこだわって、レースを選ぶ。


・おお~、優輝がボストンも走ってくれたらなぁ。


・なんという野獣だ!見ていて刺激を受ける!


https://goo.gl/LYZ4Ed,https://goo.gl/q3RZkv,https://goo.gl/7x8dTE,https://goo.gl/1ezJZE
「公務員ランナー」川内優輝選手がNYマラソンで先導の白バイに邪魔される?(海外の反応)

ヒロシマから来た19才の日本人ランナーが1951年ボストンマラソンでトップでゴールする様子(海外の反応)

follow us in feedly