hr
きついイメージがある警備の仕事。若者や女性にも興味をもってもらいたいとの思いで、警備員の“制服改革”に挑んでいる女性がいる。忍者の里・滋賀県甲賀市で警備会社を経営する三吉麻弥さん(36)。制服のコンセプトは、もちろん「忍者」。オリジナルの警備服を開発し、滋賀県の認知度アップにもつなげたいと夢を広げる。  「まだ新しい忍者の警備服が決まっていなくて。これはお土産用の忍者服。あくまでもイメージとして見てください」  人なつっこい笑みを浮かべて話す三吉さん。19歳で結婚し、警備会社社長だった夫の仕事を手伝ったのを機にこの業界に入った。以下略(産経ニュース)
海外の反応をまとめました。




・彼らがステレオタイプを受け入れる様が好きだ。
「え?我々のことをニンジャだと思っているの?
じゃあ、見せてやろう...我々はニンジャだ!」という感じだ。


・おお、日本よ。
決して変わらないでくれ。


・頼むから、オリンピックで彼らに警備させてくれ。


・忍者って目に見えないはずじゃないのか?
どうやって人々を阻止するんだ?


・どこにも警備員が見当たらないのだが?


・アメリカは武装警備で成功しがちだ。


・アメリカの警備員がストームトルーパーの格好をしていたら、どれほどカッコイイだろうか。


・平均的なショッピングモールにいる警備員の体格なら、怖くない。
私は外国人だが、笑い飛ばすだろうな。


・ナルトが警備員だったら、私はウォルマートできちんと列に並ぶよ。





・日本は安全な国だから、警備員は楽だろうな。


・忍者姿の警備員が歩いているのを見て、それが日本の日常だと思う観光客がどれくらい出て来るだろうか?


・よし、そうか。
ローガン・ポールは、彼らがいる所には行けないな。
米Youtuberが日本で行った迷惑行為の数々(海外の反応)


・ローガン・ポールで自分たちの技術を試してみるべきだ。


・ローガン・ポールを尾行させるために忍者を雇うべきだ。


・犯罪者たちはニンジャ相手にリスクを冒そうと思わない。


・私は職場で何年も忍者の格好をしているぞ。
みんなが私のことを笑う。
実は私は家で働いていて、ローブを着ているだけなんだけどね。


・どうしてこれが成功するかが問われる。

https://goo.gl/mr8zvZ
床下から刀が突然!日本の忍者屋敷の刀隠しを見た海外の反応(海外の反応)

どうして忍者はいつもこれをしているの?(海外の反応)

follow us in feedly