yyy
人気スマートフォン向けRPG『白猫プロジェクト』に特許権の侵害があるとして、運営会社であるコロプラが任天堂より提訴されたことを発表。同タイトルの配信差し止めと損害賠償44億円の支払いが求められている。注目企業同士の係争にネット上でも大きな反響を呼び、『Twitter』では「#任天堂を許すな」がトレンド1位に。コロプラ側は「任天堂の特許権を侵害する事実は一切無い」と説明しており、『白猫プロジェクト』のプレイヤーたちが非難の声を上げた……のかと思いきや、意外にもそのタイムラインには優しい世界が広がっているじゃありませんか!以下、全文を読む(ガジェット通信)
海外の反応をまとめました。




・時にはインターネットを愛さずにいられないよな?


・もはや手に負えない。


・任天堂よ、奴らを粉砕するんだ!


・おいおい、ただの海賊版だろ。


・ゲームの海賊版をどうやったら擁護出来るんだ?


・ヘイトはいつも感染して拡がっていく。


・何故かこのハッシュタグをセガタ・サンシロウの声で読んでしまった。


Nintendo Classic Miniの在庫が各店に5~6台しかなかった時に、このハッシュタグはどこにいたの?
Nintendo Classic Mini(北米では「NES Classic Edition」)は、1980年代から1990年代にかけて任天堂が日本国外で販売した家庭用ゲーム機「Nintendo Entertainment System」の復刻版として、北米と欧州で2016年11月11日に発売したゲーム機[1]。日本では未発売。ウィキペディア




・釣りかどうかは別にして、みんなが参加している。


・もはや馬鹿馬鹿しいことになっているが、私が楽しんでいないと言ったらウソになる。


・任天堂に対して怒る理由はたくさんある。
みんながそれぞれ理由を持っている。


・日本でのスイッチに対する愛は異常だ。
今の時点でスイッチが日本でNo1のゲーム機になっても私は驚かない。



・#WeAlwaysForgiveNintendo (#我々はいつでも任天堂を許す)


・心配するな、任天堂。
私は今でも君のことを愛している。


https://goo.gl/oVkcCH,https://goo.gl/S1HZ11,https://goo.gl/Uvau9K,https://goo.gl/s8DY99
任天堂が日本で60年代に発売していた玩具(海外の反応)

米任天堂CEOの「定価以上でミニスーファミの転売品を買うな」発言に海外は・・・(海外の反応)

follow us in feedly