rhr
 京都大学霊長類研究所(愛知県犬山市)のニホンザル十数匹が、木の枝の弾力を利用して高さ5メートルの フェンスを乗り越え、飼育場から脱走していたことが6日わかった。  サルはすべて捕獲されたり、戻ったりしている。  平井啓久副所長によると、サルが脱走したのは4日午後1時頃。職員がサルの数が少ないのに気づいて捜した ところ、フェンスの外側で群れているサルを見つけた。ピーナツでおびき寄せて5匹を捕獲。他のサルは5日 朝の給餌までに飼育場に戻った。  約1・5ヘクタールの飼育場には、80匹がおり、脱走防止用のフェンスは上部に鉄板が張られ、さらに高圧 電線も張られていた。ただ、自然環境に近い状態で飼育するため、場内は雑木林となっており、脱走したサルは フェンス近くの高さ2~3メートルの木に上がり、枝の反動を利用して跳躍、フェンスを乗り越えたとみられる。以下略(読売新聞 2010.07.06)
海外の反応をまとめました。




・私も職場で同じことが出来たらなぁ。


・私は怒っていない。
感心している。


・この件に関する中毒性のあるスマホゲームがどこかにあるはずだ。


・どこかでこの漫画を見たことがあるような気がする。


・猿の惑星 coming soon。


・こうやって猿の惑星が始まる。


・彼らは進化している!


・それなのに猿は進化をやめたと人々は言う。


・どの猿が最初に行くか決めたか興味がある。





・日本では猿さえも天才なんだな。


・どうして驚くんだ?
猿ってそういうものだろ?


・それで防犯カメラの映像は?
私が見たいのはそれだけだ。


・そのまま猿たちを自由の身にしてやればよかったのに。


・はは、面白そうだな。


・この件に関するドキュメンタリーがあったと思う。
たしかチキンランというタイトルだったと思う。


・最初に飛び越えた猿はかなり良い度胸をしている。


・ジャングルで一番クールな猿。


https://goo.gl/KPdtVw
日本で捕まえられた凶悪な脱走者(海外の反応)

日本の動物園からチンパンジーの「チャチャ」が大脱走(海外の反応)

follow us in feedly