stt
もし、日本がアメリカではなくソビエトを攻撃していたら?」――。米外交誌『National Interest』が、第2次世界大戦の歴史ifを分析する記事を掲載している。同誌では、昨年にも、英仏が大戦初期に計画していたソビエト爆撃作戦を巡る「if」を同じ筆者が書いている。こうした分析は歴史愛好家の知的好奇心を刺激する一種の遊びではあるが、一つの判断が歴史を大きく変えることを再認識する上では、大きな意味を持つ。改正論議まっただ中にある日本国憲法にしても、第2次大戦の結果・経過が異なっていたら、内容が大きく変わっていたことだろう。その点で、今「if」の視点で第2次大戦史を振り返るのは、日本人にとってこそ、意義があることかもしれない。以下全文を読む(NewSphere)
海外の反応をまとめました。



・私はこのことについてしばしば考えるよ。


・日本にとって最大の後悔になっていただろう。


・もしも攻撃していたら?日本は負けていただろう。


・日本は無条件で多くの領土を占領されていただろうな。


・どうして日本にそんなことをする必要があった?


・日本は中国を封じ込めて、インドシナ半島とマレーシアまで南下し続けるためにロシアを放っておく必要があった。


・日本の最大の過ちは中国を侵略したことだ。
彼らに必要だったのは資源だ。
シベリアには資源があった。


・日本にロシアと戦うだけの能力があったのか?


・日本がソ連を攻撃出来たはずがないという理論には賛成だ。
日本の資源は限られていたからね。


・もしもソ連を攻撃していたら、少なくとも日本は放射性降下物に苦しむことはなかった。
ただの敗戦で済んでいただろう。





・少なくともロシア人の方がアメリカ人よりもずっと分別がある。


・日本がソ連を攻撃していた場合の真の影響は、アメリカが参戦することにならなかったかもしれないということだ。
もしも彼らが我々を攻撃していなかったら、我々は1941~42年に参戦することはなかっただろう。


・日本がソ連を攻撃していたら、父は徴兵されなかったろうな。


・どうして戦争ゲームのシナリオがそんなに好きなの?


・ソ連は西でドイツと戦い、東で日本と戦うことになっていたぞ...。


・二正面作戦というのは、メールを打ちながら車の運転をすることと同じだ。


・日本はシベリアに侵攻していただろ。


・日本のソ連攻撃なんて筋が通らない。
日本は太平洋で拡大したかった。
アメリカ海軍は障害だった。

https://goo.gl/W3h3eb,https://goo.gl/PzugWT,https://goo.gl/RXxVj6
連合国による日本の分割統治計画を表した日本地図(海外の反応)

日露首脳が20回目の会談、北方領土を含む平和条約交渉(海外の反応)

follow us in feedly