yr
台湾東部花蓮県を襲ったマグニチュード(M)6.4の地震で、日本政府が派遣した救出活動を支援する専門家チーム7人が8日午後、花蓮県花蓮市の救出作業現場に到着し、支援活動を開始した。蔡英文総統も現場を訪れ、日台の共同作業を視察した。以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




・類は友を呼ぶ。


・こうなることを私は知っていた。(笑)


・政治よりも人道主義を優先するべきだ。


・台湾は救助隊が侵略してくるとでも思っているのか?


・中国人の台湾の扱い方を考慮すると、これは理解できる。


・中国は前に進むことが出来ない口汚い元旦那みたいだ。
良いことをするにせよ、悪いことをするにせよ、彼らに近づく機会を与えたくないね。


・台湾と日本に神のご加護を。


・台湾の狙いは何だ?


・わお...日本の7名の救助隊が救助にあたる...。


・↑それと最新と呼ばれる2つの装備と共にね。





・不快だね。
行方不明者7名のうち5名は中国本土の人間だ。
自国民の捜索をしようとする国を拒否するなんて卑しむべきだ。



・日本の装備が素晴らしいのは良いが、中国本土の人間も行方不明になっているんだろ?
自国民を助けさせてやらないのは残酷では?


・↑一度に現場で作業できる人数は限られている。
既に人員はたくさんいる。
我々に今必要なのは、人員ではなく救助のスピードを速める方法だ。


・これ以上哀れになりようがあるか?
人命の命がかかっているのに。
未熟な高校生のように振る舞っている。


・これは馬鹿馬鹿しい。
救助の申し出を断れる者は、救助を必要としていない。


・中国にはNoをつきつけた。
よくやったぞ、台湾。


・なんて身勝手なんだ。
助けたいと思う人間は誰であれ歓迎するべきだ。


・質の高い救助隊が必要とされている...大きな違いを生み出すからね。

https://goo.gl/MFVbH5,https://goo.gl/eF6YNs,https://goo.gl/AUGX3E
メキシコ地震、日本の救助隊が犬を救出(海外の反応)

巨大地震に襲われた日本とハイチの震災1年後を比較した画像(海外の反応)

follow us in feedly