nn
第二次世界大戦中、太平洋戦域の米兵は、日本人が誤って発音するLの文字を合言葉に含めていたことを今日初めて学んだ。

海外の反応をまとめました。



・私は日本に25年以上住むアメリカ人だが、私でもそうしただろう。


・吃音症がある者にとっては、太平洋戦域は心地よい場所ではなかったようだ。


・↑太平洋戦域にいた者全員にとって心地よい場所ではなかったと思うよ。ハハ。


・ガダルカナルでは、リリパットが合言葉に使われた。


・祖父の小隊では、ロリポップと使ったと聞いた。


・そもそも日本語には「L」の音が存在しないからな。


・我々は理由があって、軍に中国語の方言を話せる者たちをリクルートしている。


・私の経験上、英語のネイティブスピーカーも適切なRの発音は難しい。
教えるのに苦労した。


・↑私がそうだったよ。
子供の頃、LとRの言語障害の治療を受けないといけなかった。





・わお、当時の米兵たちは人種差別的で鈍感だったんだな。


・まぁ、確かに日本語のレモンは「remon」だからな。


・ルルレモン!
ルルレモンの社名の由来は、RとLの発音が苦手な日本人を揶揄する為だと今日知った(海外の反応)


・カローラって酷い名前なんだな!


・そもそも敵がどうやって合言葉を知るんだ?


・↑スパイ行為か、捕まえた兵士を尋問したのだろう。


・第二次世界大戦中はあらゆることを考えたんだな。


・朝鮮戦争でも同じことをしたと聞いたよ。

https://goo.gl/7N7Q9D,https://goo.gl/KPxVgi
日本ではどうして「Engrish」が起きるの?(海外の反応)

CIAが日本の絵文字を収集していた(海外の反応)


follow us in feedly