dr
会議室シェアリングサービス「スペイシー」が、カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー「フーターズ」とコラボ。フーターズ銀座店(東京都中央区)の客席をワークスペースとして利用できるサービスを開始しました。以下略(ねとらぼ)
海外の反応をまとめました。




・一体どうやったら集中出来るんだ?


・あそこで本当に勉強が出来るのだろうか?


・フーターの家庭教師?


・個室ごとに給仕になる女の子は決まっているの?


・これで日本に留学しないといけなくなった。


・かなり気が散りそうだな。


・やった!とても素晴らしい!
パタヤにあるフーターズにすぐにでも行ってみるよ!


・素晴らしいニュースだな。(笑)


・↑私には仕事が必要なの。
彼らは外国人を雇っている?


・↑応募してみろ。
アメリカ人ならボーナスポイントを貰える。
君は本物のフーターがどのようなものを知っているはずだ。






・これは素晴らしいアイデアだと思う。


・集中を邪魔されないことを祈る。


・つまりこれはスターバックスに自分たちのオフィスを設置する人々に料金を請求するようなものか?


・無料で一日中スターバックスに座っていれば良いのに。


・レストランの空席を埋めるための素晴らしいアイデアだと思う。
席に誰かが座っていないと売り上げは出来ない。


・嫌味ではないぞ。これは素晴らしいアイデアだと思う。
自宅で仕事をしている人間としては、すぐにでも1日6時間月60ドルの契約を結びたい。


https://goo.gl/RGkBWX,https://goo.gl/XuU3QN,https://goo.gl/yHFUSD
東京にナムコとフーターズが新業態施設をオープン(海外の反応)

ホテル不足に悩まされる日本の打開策、オフィスをホテルに転用(海外の反応)

follow us in feedly