errr
大峰山(おおみねさん)は、奈良県の南部にある山。現在では広義には大峰山脈を、狭義には山上ヶ岳(さんじょうがたけ)を指す。歴史的には「大峰山」は、大峰山脈のうち山上ヶ岳の南にある小篠(おざさ)から熊野までの峰々の呼び名であった。対して小篠から山上ヶ岳を含み尾根沿いに吉野川河岸までを金峰山という。 歴史的に使われてきた呼称及び修験道の信仰では、青根ヶ峰より南を「大峯」、以北を吉野としてきた[1]。 この一帯は1936年(昭和11年)に吉野熊野国立公園に指定され、1980年(昭和55年)にはユネスコの生物圏保護区(ユネスコエコパーク)に登録(登録名:大台ケ原・大峯山・大杉谷)[2]、さらに2004年(平成16年)7月、ユネスコの世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」の文化的景観を示す主要な構成要素として史跡「大峯山寺」「大峯奥駈道」ほかが登録された。ウィキペディア

海外の反応をまとめました。


山上ヶ岳  標高1,719m。奈良県吉野郡天川村に位置する。 この一帯は古くから修験道の山として山伏の修行の場であった。道場としての大峯山は、単独の山を指す名前ではなく吉野山から熊野へ続く長い山脈全体を意味している。その中でも山上ヶ岳(旧名:金峯山)の頂上付近には修験道の根本道場である大峯山寺山上蔵王堂があり、山全体を聖域として現在でも女人禁制が維持されている。山上ヶ岳へ通じる登山道には、宗教上の理由により女人禁制である旨を伝える大きな門があり(女人結界門 北緯34度16分04秒東経135度54分50秒)、1300年の伝統を守るための協力を依頼した看板が設置されている(これに反対する動きについては女人禁制を参照)。しかし、1929年(昭和4年)には既に女性が登山していたとされ、一部では入れるようになったともいわれる[5]。ウィキペディア

・その山に行って、これが如何にアメリカ的でないか伝えたらどうだ?


・↑いいや、その山に行って、彼らが如何に女性嫌いなのか伝えるべきだ。


・修験道は日本の山岳信仰の一つだ。
彼らは断食や異性との接触を禁ずるなどの苦行を行う。


・もうすぐこれも覆されるだろう。


・神道と仏教には性差別的な面がある。
多くの宗教は宗教的な建物や聖地に女性が入るのを禁止している。


・↑過去の宗教にはそういった側面があったし、今でも同じだ。


・宗教が愚かな8554699543番目の理由だよ。


・最近、土俵の真ん中で市長が何かを渡そうとした時に、倒れる出来事があった。
女性の看護師たちが助けようと駆け寄った。
相撲の関係者たちは、女性は土俵に入ることを禁じられているから、出るようにスピーカーで大きな声を出していった。
救命活動中の女性に「土俵から降りて」相撲協会のアナウンスに非難(海外の反応)






・平等を理由に男性も女性用ロッカーに入るのを許されるべきだ。


・↑リストに加わった。


・↑信じようが信じまいが、アメリカでは国内にそういった動きが広がっている。
女装する男性たちを女性用ロッカー・トイレに入れようとする動きがある。
逆もまた然りだ。
狂っている。


・↑我々はトランスジェンダーなどを差別するべきではないし、理解する必要がある。
でも、これはふざけている。


・↑彼らは本気だよ。
公にOKと言っている店もある。


・↑我々は狂った時代に生きているね。

https://goo.gl/ade8QJ
日本の闘牛が「女人禁制」解禁(海外の反応)

follow us in feedly