r
前略 “マイルハイ”と呼ばれる標高1600メートルに位置するクアーズフィールド。気圧が低く打球の飛距離が出やすいとされるが、それにしても規格外の、右翼スタンド3階席まで届く約150メートルの特大弾を放った。  この衝撃的なフリー打撃には、本場である米国のメディアも驚嘆。この試合を中継した米テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」の公式ツイッターは「そう、これは打撃練習だ。でも、冗談だろ。ショウヘイ・オオタニが上段にボールを放り込んでいる!」と記し、この大谷のフリー打撃映像を紹介。反響を呼んでいる。以下略(Full-Count)
海外の反応をまとめました。



動画



・何て言えば良いのだろう?(笑)
言葉にならない。


・おお~、でも彼はプレーしない。


・クアーズフィールドで彼が代打で1,2度しか打席に立たないのは犯罪だ。


・大谷がホームランダービーに出るようにMLBに対して署名運動をするのは早すぎる?


・プレーオフでこれをやったら、私は感心するだろう。


・クアーズフィールドだろ。
打撃練習であそこまで飛ばさないMLBの打者がいるか?


・クアーズフィールドを愛さずにいられない。


・あそこまで飛ばした選手が今までにいただろうか?


・↑間違いなくコロラドでプレーしたことがある強打者なら、打撃練習であそこまで飛ばしていたはずだ。





・ナショナルリーグの球場で彼が守れるポジションを探したら?


・大谷にライトを守らせろ。


・↑足首を守らないと。


・↑大谷をファーストにして、プホルスをライトにしろ。


・↑エンゼルスが守備の際は、外野を2人で守らせて、大谷はファウルゾーンにいさせろ。


・彼は神だ。


・どうして大谷はナショナルリーグでは投げないの?
ローテーションを組み直せよ。


・この男は静かにしてもらわないといけない男だろ?
どうりで打撃練習が得意なわけだ。
大谷に黄色い声援の日本人女子大生、球場警備員から注意を受ける(海外の反応)



https://goo.gl/TFQjSV,https://goo.gl/2ksRet
大谷翔平の東京ドーム「天井2塁打」に海外も驚愕(海外の反応)

大谷翔平が4月の月間最優秀新人に輝く(海外の反応)

follow us in feedly