tt
今春卒業した大学生の4月1日時点の就職率が98.0%だったことが18日、文部科学省と厚生労働省の調査で分かった。1997年の調査開始以来の過去最高を3年連続で更新した。文科省は「景気の回復基調が続き、企業の採用意欲が高まっている」と分析している。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。




・イギリスも同じだったらなぁ。


・う~ん、2%の中には入りたくないな。


・比較の為に北米はどうなのかデータを出してくれないか?


・一方のアメリカは30%くらいだろう。


・単に定年退職した人たちの後釜が不足しているだけでは?


・一方の私は卒業してから8カ月だが、職が決まっていない。
私の専攻の失業率は13%だ。(笑)
500社以上落ちた。
その中の90%以上は時給11~13ドルのオフィスワークだ。


・マクドナルドで働くのだって、仕事にかわりない。


・彼らは何の仕事をしているの?
低賃金の未熟練の労働なら意味合いは違うだろ?





・これで彼らは週80時間の労働を行う奴隷の仲間入りだ。


・↑日本にとって80時間は少なすぎる。


・でも日本は移民を受け入れないから、経済が良くないと私は聞いたぞ。


・↑経済が良くないのは複合的な理由だろう。


・移民なしでは、日本はすぐにでも崩壊するだろう。


・みんなに言っておきたいが、失業率だけが経済が上手く行っているかどうかの指標ではない。


・なんて馬鹿馬鹿しいんだ。
低い出生率の為に企業はどうしても人を雇わないといけない。
つまり誰でも雇うような状態だ。


・人口減少が主な理由だろうな。


https://goo.gl/t7e4sh

follow us in feedly