ee
1942年2月、シンガポールの戦いで日本軍に降参するイギリス兵たち

海外の反応をまとめました。



シンガポールの戦いは、第二次世界大戦の1942年2月7日から2月15日にかけて、イギリスの海峡植民地のシンガポールで大日本帝国陸軍と連合国軍の間で行われた戦闘である。 ウィキペディア

・冷酷で残酷な戦争犯罪者について語りたいか?
まずは東条から始めよう。


・一番左のイギリス兵の「マジかよ」って顔。


・一体誰が戦争に半ズボンを履いていく?


・↑長ズボンの方が銃弾をとめてくれるのか?


・↑シンガポールでの戦闘は湿気が多かったのだろう。


・最悪なのは、イギリス軍の方が日本軍よりも数で勝っていたことだ。
彼らは何も分かっていなかった。


・↑公平なことを言うとすれば、イギリス軍には制空権は無かったし、土壇場で勝利を収めるために送り込まれた海軍の特殊部隊は、日本軍の雷撃機に沈められた。


・可哀想な連中だ。
この写真が撮られた後、彼らが体験したことを想像できない。
一体どれだけが家に帰ることが出来たのだろう?





・この兵士たちはどうなったの?


・↑たぶんかなり体重が減っただろうな。


・↑おそらく飢えて、労働させられ、撃たれたかもしれない。
インド人の捕虜は射撃練習の的に使われた。
白人については知らない。


・↑ウィキペディアによると、彼らはサフォーク連隊だ。
彼らは泰緬鉄道建設の為に強制労働させられた。


・私の叔父はコレヒドール島で捕まった。
日本に送られて、鉱山で戦時の労働をさせられた。
戦争が終わるまで、彼の家族は彼が生きていることを知らなかった。
彼の日本人に対する憎しみが消えることは無かった。


・↑君の叔父は英雄だった。
コレヒドール島は地獄以上の場所だった。


・↑私の祖父は海軍で太平洋で戦った。
我々が日本車を買うことを決して許さなかった。


・この写真は「レイルウェイ 運命の旅路」を思い出させる。
素晴らしい映画だった。
『レイルウェイ 運命の旅路』は、2013年制作のオーストラリア・イギリスの映画。 エリック・ローマクスの自叙伝『泰緬鉄道 癒される時を求めて』の映画化。 ウィキペディア


https://goo.gl/S6FgS9,https://goo.gl/qASjD4


follow us in feedly