et
【シャルルボワ=地曳航也】日米欧の主要7カ国(G7)の首脳が激論をかわす数枚の写真がSNS(交流サイト)上で話題を誘っている。8日~9日にカナダで開いた主要国首脳会議(シャルルボワ・サミット)の成果文書の取り扱いを巡り協議している様子だ。写真のアングルにより、首脳同士の力関係も違って見え、各国の駆け引き材料になっている。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。





・これは歴史の教科書に載る。


・6人の首脳と1人のゲス野郎。


・日本が我々についている。


・安倍はもうウンザリだという顔をしている。(大爆笑)


・真ん中の安倍はどこかに行きたい様子だな。


・↑そうかな。
安倍晋三はトランプの味方をしているように見える。


・トランプの姿勢は完璧だ。
「私を責めるのをやめろ」


・ブロッコリーを食べることを拒絶する5歳児のボディランゲージ。


・「トランプ!野菜を食べなさい!」
「やだ!食べないぞ!」


・トランプはまるで駄々っ子みたいだな。





・トランプが変わることを世界は期待するのをやめて、前に進むべきだ。


・メルケルは自分のことを怖いと思っている様子だ。


一枚の絵は一千語に匹敵する...。


・どうしてトランプ以外はみんな立っているの?


・以前はG8じゃなかったか?
誰が追い出されたの?


・↑ロシアだよ。
クリミアを併合した後にね。


・一瞬、合成写真かと思った。
違うようだな。


・安倍は落ち着いているとみんなが言っているが、彼はイライラしているように見える。


・安倍とトランプは、メルケルにはもうウンザリって感じだな。


https://goo.gl/LASyxb


follow us in feedly