ees
富山市内の造園業者が、軽トラックの荷台の上で造園技術を競う「軽トラ庭園コンテスト」の優秀作品11点が14日、同市明輪町の富山駅南口駅前広場で展示された。  昔ながらの和風の庭が少なくなっていることから、ベランダなど狭い場所でも工夫次第で造れることを知ってほしいと、富山造園業協同組合(西田茂基理事長)が毎年実施。以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




画像上のカーソルをクリックすると次の画像が見られます

Osaka mini truck garden contest



・素晴らしいと思った。


・こんなものが存在していることを知らなかった。


・どれもクールだね。


・誰かがこれに「悪い」を押すことを想像できない。


・でも、何故?


・良いコンテストだ。
でも...自然にとっては悪いことだ。


・↑少なくとも彼らは頑張っている。
お前は何かしたのか?


・カメ、トカゲ、カエルたちにとって素晴らしいものが中にはあるね!


・日本では盆栽が人気のある趣味だ。


・枝葉は生きているのか?
それとも偽の芝生にのり付けされているだけ?


・これは私の小さな家にピッタリ合う。





・この後、普通の庭園を見られるの?


・なんて可愛いミニガーデンなんだ。


・以前、週をまたいで引っ越した時にサボテンを車に積んだ。


・あの状態で運転できるの?
あれが道路を走っている様子を見られたら楽しいだろうね。


・どうしてアメリカには、ああいう小さなトラックがないのだろうか。


・これは素晴らしい。
私もアメリカでこういうトラックを所有しているよ。


・我が家の庭よりも1000倍素晴らしい。


・どれが優勝したかなんてどうでもいい。
どれも素晴らしい。


https://goo.gl/UynwUd,https://goo.gl/t4FhEQ,https://goo.gl/ZH7ypZ,https://goo.gl/JRH4Bg


follow us in feedly