rr
イギリスに短期留学していた秋篠宮家の次女・佳子さまが、15日午後、9か月ぶりに帰国されました。  午後2時半過ぎ、佳子さまは、民間機で羽田空港に到着し、出迎えた宮内庁の職員らに笑顔で挨拶されました。佳子さまはICU=国際基督教大学の交換留学プログラムを利用し、去年9月からイギリスのリーズ大学に短期留学していましたが、今月初旬に全ての課程を修了し、15日、帰国されました。リーズ大学では芸術・人文・文化学部に所属し、舞台芸術や舞台運営、心理学などの講義を受けられたということです。以下略(TBS)
海外の反応をまとめました。




・日本に皇室が存在することは知っていたが、調べたことがなかった。
もっと知りたいと思うようになった。


・彼女は去年の9月から留学していたから、1年間ではないよな?


・↑1学年度だろ。


・もし私が日本のプリンセスと結婚したら、私は王様になれるの?


・↑君はプリンスになる、というよりも皇族の配偶者かな。


・↑私の知る限り、彼女は結婚したら、称号を失う。
そして、君は何も得ない。


・↑違うね。
彼女は称号を失うと、かなりの額を受け取る。


・これはいいね。
彼女がイギリスにいたことを知らなかったよ。
眞子さまがイギリスに来たことは知っていた。
私の地元の大学に来て、彼女を一度見かけたことがあったから。
挨拶をする勇気はなかった。
日本人はイギリスが好きなんだよね?


・↑かなり昔、同僚にイギリスに歴史があるのか尋ねられたことがあるよ。


・思い出したよ。
最初にこのニュースを聞いた時、日本語学科の生徒と冗談を飛ばしていた。
でも、どうしてリーズなんだろう?
北部ではベストの大学の1つだけれど、国全体で見ればトップレベルではない。


・↑傲慢に聞こえると嫌だけど、リーズは北部でベストの大学の1つではない...。





・私を勘違いしないで欲しいが、リーズという街を嫌いではないし、良い大学であることも知っている。
でも、彼女にとってはショッキングだったに違いない。
普通の日本人にとってもショッキングだろう。
ましてや温室育ちの人間にとっては。


・↑彼女が普通の学生の経験をしたとは思えない。


・↑まあ、少なくとも彼女たいたのはハルや...グラスゴーではない。


・↑娘が9月からグラスゴー大に通うんだけど...。


・↑グラスゴーは本当に良い大学だぞ。


・彼女がロンドンの中心部にある大学に通わなかったことに驚いた。


https://goo.gl/W7gf4r


follow us in feedly