1a
タニタは、自身のにおいを手軽にセルフチェックできるコンパクトサイズのにおいチェッカー「ES-100」を7月1日に発売します。加齢臭や強すぎる香水の香りなど、特に暑い時期になると気になる「においケア」ですが、自分自身ではそのにおいに気づきにくいというのも事実です。そこで「ES-100」では、“においの強さ”を0~10までの11段階で見える化することで、客観的に自分のにおいを把握し、ケアにつなげることができます。以下略(ねとらぼ)
海外の反応をまとめました。




・電車の中に設置できないか?
頼むよ。


・どう思う?


・↑買えよ。地下鉄の中で使え。


・みんな鼻がついていないの?


・私はこれを持っているよ。
鼻と呼んでいる。


・既に備わっている鼻ではいけないのか?


・鼻は過大評価されているからね。


・自分の鼻を使って体臭チェックしろと言う人たちがいるかもしれないが、自分の体臭に慣れてしまって、臭いに気付かない人たちもいるんだよ。


・もしくは...定期的に入浴したら?





・朝、シャワーを浴びるのも良いかもしれない。


・臭いの元を無くすんだよ。
それはストレスだ。
ストレスがなければ、臭わない。


・さあ、良いデオドラントを作れ。


・日本ではデオドラントがそれほど普及していないことを知っているが、体臭が問題ならばどうして使わないの?


・もしくは制汗剤を使ったら?


・↑もしくはスーツとシャツを定期的にきれいにすることだな。
何でもファブリーズするのをやめろ。


・奇妙だね。
とても日本的だ。
気に入ったよ。


・同僚とまさにこのことを語り合っていた。
日本には大きな市場があるよ。


・次の駅は臭い息。


・↑一日中歯磨きをしているのに、息が臭い人たちがたくさんいることが非現実的だと思ってしまう。


https://goo.gl/GTgMKk,https://goo.gl/bY6Tpq,https://goo.gl/EMrzwK



follow us in feedly