eer
日本相撲協会は27日、大相撲名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)の新弟子検査を、応募者がいなかったため中止すると発表した。新弟子検査は来月2日に予定されていた。受検者ゼロは、2007年名古屋場所以来2回目。 以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




・誰も応募しなかった?ゼロってこと?


・日本では、もはや誰も太った男になりたくない。


・彼らはダイエット中なんだ!


・これはまずい。これはまずいぞ。


・私が応募しよう。(笑)


・結果は明らかだ...相撲取りは長生きしない。


・成功しない限り、残酷で魅力的ではない生活を送ることになる。


・これは残念だな。
私がやってみようかな。


・1990年代に貴花田を見ていたのを憶えているよ。
彼は素晴らしかった。





・お前らが輝く時が来た。


・おそらく人口減少が関係しているのだろう。


・見出しが「ミレニアル世代が相撲を廃れさせる」ではないことに驚いた。


・日本行きのビザさえ用意してくれれば、私が弟子になろう。


・相撲の伝統が絶えないことを祈る。


・↑それは絶対にない。


・↑日本が伝統を保存をすることが好きなのは知っている。
でも新しい世代の考え方次第だ。


・もしも女性たちが応募することを許したら、変わるかもしれないね。


・↑WNBAや女性のホッケーリーグ、女性のアメフトリーグさえある。


・体重に上限を設けたらどうだろうか。
そうすれば、膝の怪我が減るし、相撲がよりダイナミックになる。


・ここ数年、相撲界では物議を醸す事件がたくさんあった。
それが応募者に二の足を踏ませたのだろう。


https://goo.gl/yYXgLE,https://goo.gl/7F9VVd



follow us in feedly