r
日本の沖縄県西表島に近い離島で、人間社会から隔絶された生活を30年余りにわたって送ってきた長崎真砂弓さん(82)が再び文明生活へ引き戻された。 ニュース・コム・アウの報道によれば、「82歳で水道もモバイル通信も電気も服もない離島暮らしをたった一人で送ってきた日本人ロビンソンクルーソーのマサフミ・ナガサキ」さんは、先日、地元当局に強制的によって島から連れ去られ、病院に収容された。以下略 スプートニク日本
海外の反応をまとめました。




・彼は真実を知っている。
自由を知っている。
彼のことが羨ましい。


・この老人はただの浮浪者だろ。


・ケンスケの王国かな?


・マイケル・モーバーゴのケンスケの王国を思い出させる。

・どうして彼は島から出ることを強制されたの?


・この男が持っているものを我々全員が望む。
混沌とした我々の社会に彼が平穏を見つけることを祈る。


・↑我々全員が望むわけではない。


・↑この男は自分が望んだ生活を手にしていた。
みんなが自分が望む生活を手にしたいと思うだろ。


・リベラル、コンサバ、人種、宗教...誰にもレッテルを貼られない生活を想像してみてくれ。





・この島から去れば、彼は亡くなってしまうだろう。
汚染された飲み物や食料が彼の命を奪う。


・彼はおそ松さんが今でも放送されていることに驚くだろう。


・悲しいのはおそらく彼が税金の滞納などで刑務所に入れられてしまうことだ。


・リアル武天老師だな。


・彼に関する情報をアップデートし続けてくれ。


・彼は本当に酷い時間を過ごすことになるだろう。


・彼が可哀想だよ。


・彼は文明社会に生きるほとんどの者たちよりも健康的で幸せそうに見える。


https://goo.gl/Sooqc1,https://goo.gl/7eJy8c



follow us in feedly