yy
 「突然、雇い止めされた。日本の子どもたちのために長年頑張ってきたのに…」。福岡市内に暮らす外国人から特命取材班に悲痛な声が寄せられた。昨年度まで市立小5、6年の「外国語活動」の授業を担当していた「ゲストティーチャー(GT)」たち。市教育委員会が本年度から、派遣会社に所属する講師に担当させる方式に変えたため「主な収入源を失った」という。何があったのか。  2007年度から始まった市立小の外国語活動。昨年度は全市立小144校の5、6年で各35時限実施された。担任教諭とともに授業を担当してきたのは、各学校が探し出し、個別に依頼した市内の外国人や留学生、英語が堪能な日本人などのGTだ。昨年度は120人おり、複数の学校を掛け持ちするケースもあったという。「18年度もよろしくね」。校長からそう頼まれたGTもいた。ところが…。  市教委は2月14日、GTに代わり、派遣会社に業務委託して講師「ネーティブスピーカー(NS)」を配置する新方針を発表した。取材班が話を聞いたGT5人は2月中旬から3月上旬にかけて、それぞれの校長から伝えられたという。以下略(西日本新聞)
海外の反応をまとめました。




・これはかなり卑劣だね。


・このアウトソーシングは完全に正当化されるはずだ。
特に学校はこの人たちと働くのが嫌だったろうからな...え?


・これは間違った方向への大きな一歩だ。


・ゲストティーチャーという単語を今までに聞いたことがなかった。
いずれにせよ、悲しいね。
直接契約した方が、派遣会社を通すよりも関係者全員にとってずっと良いのに。


・↑誰かが賄賂をもらっているのかも。


・最悪だね。
彼らが立ち直ることを祈る。


・心配しなくても日本版の民主党が助けてくれるさ。
日本でマクシーン・ウォーターズに相当するのは誰?


・元ALT(外国人指導助手)だが、制度の中での自分の立ち位置については決して分からない。
こういうのはきちんと明確にするべきだ。





・ずっと年収300万円を稼ぐために海を渡ることは、大学の学位の最高の使い道とは言えない。


・↑最悪ではないぞ!


・↑多くのALTが年収300万円も稼がないよ。


・↑進歩の余地は全くない。
それに今回起きたように、簡単にとって代わられる。


・↑日本に住む外国人の全員がキャリアップを気にしているわけではない。
キャリアアップを求める人たちは、雇用主を替えることが出来る。


・↑プログラマーとしては、拘束時間も責任も少なくて済む比較的給料の良い仕事だと思うが。
私が出会った英語教師は、かなり幸せな者か惨めな者に分かれる。


・こういうことがあるから、私は英語を教えるのをやめたんだ。
日本の教員免許を取得するか、自分で学校を作らない限りはキャリアではない。


・↑日本人と結婚すらば、学さえ必要ない。


・↑ハハハ、その点は知らなかった。


・↑私は学歴もなく、日本人と結婚して、大学の付属の小学校で英語を教えている。


https://goo.gl/WK8Lf1,https://goo.gl/SHfQVr,https://goo.gl/XrMwdY


follow us in feedly