s
あらゆる商品からアニメのキャラクターまで、中国による“商標横取り”の事例は枚挙に暇がないが、なんと日本の皇族の名前までもが中国で商標登録されていた。  中国の特許庁に相当する「国家工商行政管理総局」公式ホームページで、登録済み商標のページを見ると、そこには「佳子公主」(公主とはプリンセスの意)の名が記載されていた。  登録日は2015年6月11日。当時は、秋篠宮家の佳子内親王が学習院大学から国際基督教大学に転入したばかりで、日本の「佳子さまフィーバー」が中国にも波及していた頃だという。  そんな人気に便乗しようと考えたのだろう。商標の登録者は福建省泉州市のおむつメーカーだった。なぜおむつメーカーが佳子さまの名前を商標登録したのか。 「『佳子公主』は確かに弊社が取得した商標です。近く、この商標を付けた子供用の紙おむつを販売予定です。子供は親にとってプリンス、プリンセス。そこで、中国で一番有名なプリンセスである佳子公主の名前をいただいたのです」(広報担当者)以下略(NEWSポストセブン)
海外の反応をまとめました。




・中国が許可を求めたことなんてあるのか?


・古代中国を人々が真似ていたころを憶えている。
形勢逆転したな。(笑)


・またあの国か。何か新しいことがあるか?(笑)
日本はお返しをしてやるべきかもしれないが、彼らが中国本土のレベルまで堕ちることはないだろうな。


・恥知らずだな。だが、中国だからな...。


・悪意はないが、明らかに考え抜いていない。


・それなのに中国人は習主席とくまのプーさんを結びつけることを禁止されている。


・許可なくプリンセスを関連付けるなんて、すごく失礼だよ。
でも、中国は国際的な規範に従わない。


・良き隣人は愛さざるを得ない。





・なんて可愛いのだろうか...もちろん佳子さまのことだ。


・関税をかけろ...いや、「ロイヤリティ」を貰おう。


・中国は知的財産に関する国際法に従わないといけない。
自分たちの製品を売るために日本と佳子さまのイメージを使用するのだから、利益の半分を日本に渡さないと。


・これは面白い。


・中国がまた品性のなさを示したな。
文化や栄誉といったものが全くない。
礼儀と尊敬の念を得たいのなら、まずは君たちが見せろ。


https://goo.gl/AUrcXu,https://goo.gl/YsR422,https://goo.gl/eM98j8



follow us in feedly