tr
NPBは9日、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会が楽天のジャフェット・アマダー内野手に対し、アンチ・ドーピング規程違反で6か月間の出場停止処分を科したと発表した。出場停止は、2018年8月9日から2019年2月8日まで。  アマダーは6月13日の中日戦で行われた競技会ドーピング検査の対象となり、尿検体が採取された。分析機関により利尿作用のある禁止物質「クロルタリドン」と「フロセミド」が検出され、7月23日に報告された。以下略(フルカウント)
海外の反応をまとめました。




・なんてことだ。
彼のような大男にどうしてドーピングする必要が?


・残念だな。彼はとても良いシーズンを送っていたのに。


・スラッガーとチームにとって悪いニュースだ。


・わあ!去年、彼がソフトバンクの東浜に殴りかかろうとしていたのを憶えているよ。
納得がいった。


・7月13日に尿検査を受けて、27日に「クロルタリドン」と「フロセミド」が検出された。
彼の出場停止は2018年8月9日から2019年2月8日までだ。


・溜息。


・おそらくハンバーガーで陽性になったのだろう。


・チーム全体が陽性になったのか?


・もしも運動能力向上薬物だったとしたら、彼は間違っている。





・日本では運動能力向上薬物が道徳的にはどのように扱われているの?
なぜなら、日本の総合格闘技ブームの際、ステロイドは半ば義務みたいだった。
麻薬は今でもタブーだけどね。


・ここ7年で初めてか。
抜き打ちテストを行わないか、隠すのが得意なんだろうな。


・↑正直、日本の文化はルールに従順だ。
これほどの長い間、誰もドーピング違反で捕まらなくても驚かない。


・↑捕まったのが外国人選手であることに私は驚かないよ。


・↑日本の文化を甘く見ているよ。
日本人は法律に従う。


・最後に陽性になったのは中日の井端弘和だったと思う。
ただし彼は警告で済んだ。
何故なら彼の目薬に含まれていたのは、彼が既に使用を許されていたものだったから。
誰かが使用の延長の事務処理をきちんと行わなかった。


https://goo.gl/YAnoCS,https://goo.gl/vJYsVk,https://goo.gl/GHrz4P,https://goo.gl/wdSvvM


follow us in feedly